FC2ブログ

4月 ソプラノの桜(2016)

さくら通過す高層ビルの夕灯り



桜咲く水の透明な臓腑



曇り日に浸かりしずかに桜かな



夜桜や煎じ薬の中の闇



からっぽのカップを覗く朝桜





11a.jpg




晴天へソプラノ逃げる桜咲く



桜咲く1オクターブ上へ咲く


  
桜満開ここから先へは行けません



閂をかけて夜桜ひろがりぬ



葉桜にいくつか星が泳いでる



20169c.jpg

ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


菜の花が全ての時間の影を消す



菜の花の種には銀河が眠っている



菜の花や夢に一本道が溶ける



菜の花や夕べの駅の顔いろいろ



菜花灯れば夕べの青のより青く


同じ春を代表する花でも、彼方の花、という感じの桜と如何にも対照的なのが、菜の花だ。
肥沃な土の養分をぐんぐんと吸収したという感じの、原始的な花。
むっとする匂い。天辺無為な黄色。
単純で人のいい、ちょっと有難迷惑な女友達のような。
しかし、私がこの花に慰められるときは、いつも夕暮れか夜なのである。
昼間の菜の花は、あまりにも当たり前な感じで、何も感じないのだが、一人歩くとっぷりと暮れた夕べの青の中では、
菜の花の黄は、家々の灯のように、ひときわ懐かしい。




20164b.jpg



ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR