花冷え  2017/3

レントゲン待つ間の空や花冷えぬ

お医者さんというのは、人の話を途中で遮って入ってくる特権を持っているのだろうか。
婦長さん的な、エライ看護婦さんにも時々ある。
いや、忙しくて短時間のうちに責任のある仕事を分刻みでやらなくてはならないのだから、これは致し方ないのだろう。
しかし、説明を求められ、いざ説明をしだすと、大体その三分の一聞いたあたりで、もうあちらが話し出す。
いや、そのことはまだこれからなんですよ、先生、と心の中で言いつつ、また話をしだすと、三分の二きたかというあたりで、またあちらがあーかな、こーかなと言う。
いやですから最後まで聞けば先生、わかるんですよ、と心の中で思いつつ、やっと話のゴールにたどり着いた時にはすっかり疲れてしまう。

くどくどと要旨を得ない長い話ならわかる。だがそうではない、ふだんよりかいつまんだ話なのである。
これを数回続けると、いい加減汗をかいてしまうのだ。
話の筋を真っ直ぐ行こうと思っているのに、却って行きつ戻りつして、尺取虫のような話になってしまう。

頭のいい人なら、落語や漫才の素材にできそうである。




20173g.jpg
この辺で咲き始めたのは、早咲きの種類の桜。まだまだ寒い。(写真の桜はイメージです)




花冷えやこころうつらぬレントゲン

恋心のようなものは、いかにも写りそうではないか。レントゲンに。
それはやはり常ならざるものであるから、痛んだり、腫れたり、肥大したりしているだろう。
持て余していて、どうにかしてほしいという時もあるだろう。
しかし、もうこの年になれば、恋心なんか信用していないのだ。
あれほど根拠がないくせに、有無を言わさず人を巻き込む無責任極まりないものは無い。

良く知っている間柄より、良く知らない間柄のほうが却って発生しやすかったりするから、話はややこしい。
実際につき合ってみると、お互いの違いの大きさに唖然とすることは、若い時にはよくあるだろう。

かたや愛とは、これ日々重労働だ。
最初は恋だったものが自然の法則で下火になってきた後、その後どうするかで道は幾つもに分かれる。
愛は理解が前提だけれども、この「理解」というのが、生易しくないのである。
そのためには波風も立つし、疲労するし、悲鳴もあげるし、堪忍袋もたくさんいる。

そんな時間を沢山重ねて、それでもどんな結果になるのか、最後までわからないのだ。



イキヲスッテ・トメテイル間に桜咲く




小走りのわが肺活量にさくらかな




ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR