4月 花曇り(2014)

公園の土やはらかき花曇り



四月来る主婦の手帳の薄さかな



コンビニのパン食べ飽きて昼桜



彫像の裸体つめたく花曇る



春の雨水に流したい流せない





20144l.jpg




黄昏の淡き陽の染む桜かな



宅配のトラック無人夕桜



花また花視界の底の小さき空



夕桜何処かで目覚まし鳴っている



春灯し憂きことばかり抱えゐて

こんな春もある。
自分の心にブレーキばかりかけている。

もし気分が良ければ、人は自分の心にブレーキなんかかけはしない。
でも、良からぬ気分に支配されそうになると、大人はすにぐブレーキをかける。

しかし、ブレーキばかりかけていると、良い気分さえ味わうことができなくなってくる。

心というものは、たぶんこんな風に、部分的に人為的にコントロールできるものではないのかもしれない。
一部分だけ抑えようとすると、全体としての動きが鈍くなってしまう。





ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村



ダイアナ・クラール(Diana Krall )はアメリカのピアニスト・シンガー。 ジャズだけでなくロック・ブルースなど様々なジャンルの曲をこなす。「Narrow Daylight」は和訳すると、「一条の光」だそう。
ダイアナ・クラール (Diana Krall ) The Girl in the Other Room(2004年)  「Narrow Daylight」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR