FC2ブログ



20191-j.jpg
本日の1曲/Vocalise / 本田美奈子



大聖堂となりゆく寒の夜空かな



終列車寒より発ちて寒に着く


「寒い」と言う言葉では、足りなくなってきたなと思う頃、「寒」と呼ばれる時候になる。

「寒い」と言う言葉には、北風が入っている。
だが、まだ全体としては柔らかさを持っている。

「寒」という頃になると、たとえ風が無くとも、一歩外へ出れば、身が引き締まるような冷たさで、その感触は流動的な気体というよりは、限りなく固体に近づいてゆく、密度の高さのようなものを持っている。

それはまさしく「寒」という、厳しい、とっかかりの無い、金属的な言葉の発音に相応しい。

ここへ強風など吹いた日には、人は天から吊り下げられた干物のようにひらひらと、なすすべも無くただひたすらに目的地にへ向かって歩くのみである。

気を抜けば、命にかかわってくる大自然の営み。

寒の夜に外を歩けば、大地も、凍り付いたような建物も、夜空も、皆巨大な一つの同じ諧調を響かせている。

それは見たことも無い、大きなカテドラルさながらに聳え立ち、耳をすませば風の中に、途切れ途切れのレクエムが、幽かに聞こえてくるような気がするのだ。







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村







11a673ce2b8d9e56fc2c9e38b5b59356_l.jpg



途中まで言いかけてやめ雪催



寒林にふと魂の並ぶ時



冬灯長い別離のような愛



閉じ込めた言葉残りて冬の蔦


若い時から俳句を齧っていたが、若い時分には、主に春と夏に作句していた。
どうも秋や冬の季語に、感情移入できなかったのである。

季節全体としての秋の透明感や、冬の硬質な美しさは好きだったのに、ひとつひとつの秋冬の季語に対して、さあ、これで俳句を作ろう、という気持ちが湧いてこなかった。

結社にでも属していれば、そんなことも言ってはいられないが、気の向くままに詠んでいたので、その気にならない時には作らなかったのだ。

春ともなれば泉のように花や若葉が溢れ、夏には生い茂る森林や沸き立つ雲に気持ちを押されて、自然に俳句を詠みたい欲求が湧いて来た。

それはまた自分もまだ若く、そういう旺盛な、夏草のような過剰な生命力に、すんなりと同調するような年頃だったからなのだろう。

「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」という、人生を季節になぞらえた言葉もあるけれど、考えてみると確かに、自分の心に響いて来る季節の中の諸々の現象や植物などは、自分の年齢にある程度呼応しているような気がする。

そうは言っても、春や夏の生命力に満ち溢れたものが、晩年には心に響かないというわけではないが、そういうものを内包しつつ、秋や冬の静かな、慎ましい生命の端々に、新たに心惹かれるようになった、というのが正確だろう。

冬の季語の中でも、「寒月」「凍星」「冬木立」「寒茜」「冬オリオン」「寒晴」などの、硬質な煌めきを持ったものは前から好きだったけれども、このところ、「冬蔦」「冬灯」「冬菊」「枯園」「冬服」「冬紅葉」などのような季語の持つ、

厳しい季節の中の、小さな生命や小さな営みの持っている、ささやかな光、のようなものに、心を惹かれるようになってきた。

それはそういうものたちが、小さく、慎ましいから惹かれる、というわけではない。

それらの、冬の只中で懸命に小さな命を保っているものが、実は大きな時の流れを孕んでいて、枯れてしまっているものも、凍てついてしまっているものも、また旺盛な命の充溢を経過した、自然の流れの記憶をしっかりと抱いているように、見えるからである。

いや、そういうことが見えるように、自分が年を取ってきた、ということなのだろう。

厳冬の中で必死に生きているような小さな生命や、それに匹敵するような人生の中の諸事もまた、これから再び春の光の只中へ、返り咲くこともあるだろう。
たとえそうでなかったとしても、命に満ち溢れていた時もあったのだという、時間の記憶は消えることは無い。

小さな冬の季語達に心惹かれるようになったのは、それらが春や夏や秋の、記憶や未来を内包していることが、見えるような年頃になったから、

そんなことなのかもしれない、とこの頃思うのだ。






時雨るやおんなじことをしてる日々



手袋をして少し違う誰かに



約束を破らずにいて冬の菊



呼びかけに応ふもの無く寒晴れぬ







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
苦手だったといわれる冬の句。どれも素敵ですね。冬の透明さ硬質さが感じられます。
「閉じ込めた言葉残りて冬の蔦」
が心に残りました。若き日の河野紗季さんの句を思い出しましたが、蔦に閉じ込められた言葉という発想が素晴らしいですね。
冬の蔦という季語をを探しましたが、冬も青々としている蔦なのだそうですね。わたし的には、枯れてしまった蔦をイメージしました。春になると言葉は解き放たれるのでしょうか。

Re: No title

こんばんわ、桃香さん。
いつもコメントありがとうございます。

河野紗季さんの「寂しいと言い私を蔦にせよ」ですね。

冬蔦というのは、歳時記では「木蔦」ともなっていて、「木蔦」は特定の種類の蔦を指すようですが、「西洋木蔦」となると、様々な種類のアイビーなどの総称にもなっているようです。

常緑の蔦、秋冬に紅葉するつる蔦、冬に落葉して、茎だけが残っているのも、また雰囲気があっていいし、色々な「冬の蔦」がありますね。

そうですね、この句を作った時は自分としては、少し数が減って、その緑もややくすんでいて、北風に必死で耐えているような、蔦をイメージしてました。

何というか、閉じ込めていた言葉が、どんなにしても、結局は残っていた。死ななかった。
そんなこととシンクロさせたかったようです。

でも、桃香さんの読み方もまた素敵です。

なるほどと思いました。

こうした冬の小さな命たち、そういうものに、昔は目がいかなかったなあ、と思います。





追伸です。

すみません。この頃ミスタッチ多く。
6行目の中の、「常緑の蔦、秋冬に紅葉する蔦」と書きたかったのですが、「秋冬に紅葉するつる蔦」になってしまいましたー!v-356

No title

ほんの3時間ほどの美の饗宴でした。
この地方では滅多に見られない光景なので、楽しまなくっちゃとと思って、コートに帽子にマスクと防寒装備して、少し歩きました。
お忙しいなかでの訪問、有難うございました。

Re: No title

すみません、こちらにコメントのお返事いただいていたのですね!
特にこの数日、取り込んでおりまして、うっかりコメントの確認をしませんでした。
遅くなりごめんなさい。
白い梅に白い雪、魂にまた魂が降り積もるような、素晴らしい景色だったことでしょう!
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR