FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走・極月

師走・極月
201812-o.jpg
本日の1曲/Rick Braun - Nightwalk



また師走また交差点に立っていて



二三人男追い越し師走かな



極月の真上に月の磁石かな



電話切る言葉探している師走



「師走」というものがもし動物だったら、どんなだろう。
それは間違いなく巨大で、そして灰色なのではないか。

それでは「象」のようではないかって、
いやいや「象」のようにはゆっくり歩かないだろう。

もう少しさっさと歩くだろう。
だからと言って、ピューマだのカモシカのように敏捷では無いような気がする。

師走というものは確かに早瀬のように、あれよあれよという間にいってしまうものなのだけれども、
何と言うか、巨大で重たい灰色の追い風の塊のように、背後から人をぐーっと押してくる。

ぐーっと押されて、他へ飛び出そうったって、もう今年は残り僅かで、何処にも逃げようがないものだから、
仕方なくその 大きな追い風に乗っかってしまうしかない。

師走の大きな灰色の背中に乗っかってしまって、あれこれと忙しくしている他にないのだ。

そうすれば、師走と一緒に、自分もワーッと流されて、新しい年に流れつくというものだ。

「師走」のようなものには下手に抵抗しない方がいい。

「師走」と一緒に、流れて行ってしまった方がいい。

背中に乗って、まんまと新しい年に、行ってしまった方がいい。








応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村




c063c36616ff4a24e0a8efab5ee30d74_l.jpg




ひと呼吸すれば山茶花ひとつ咲く



寒林に深く入日の迷い込む



水平に運ぶケーキやクリスマス



人の縁少し動きぬ冬星座



晩年に計画ひとつ冬茜



この眠り続いていきぬ枯野へと


以前、冬に初めて旅をして、枯野というものの美しさに心底驚いた。

街育ちの自分には、行く人がいつまでも見えているような、そんなだだっ広い空間というもの自体が、そもそもカルチャーショックだった。

枯野には、取り付く島のようなものが無い。

頭の周りをブンブンとうるさく飛び回っている蠅のような、言葉や意識の絶え間ない企てや選別が、無い。

言ってみれば、ひとの心の下層に広がっている、無意識というものが、風景として表象されたような、そんな茫漠とした郷愁に満ちている。

そう、それは何か、沢山のものを、忘れている。
沢山の生きる為の仕業や目論見を、キレイさっぱりと、忘れている。

余計なことを忘れているということが、こんなにも力強く、人にとって根源的なのことなのだということもまた、普段の生活の中では意識されずに通り過ぎてしまうのだ。

この感じは、海にも、似ている。

人があまり訪れなくなった、秋の海の、少しふてくされたような投げやりな波。
茫漠とした海。

茫漠としているものは、全て人の後頭部に臍の緒のようなもので繋がっているのではないか。

だだっ広い眠りへ人が小さな意識の小舟を逃す時、それは枯野へと、あるいは秋の海へと、真っ直ぐに繋がっていくような、そんな気がする。





末枯野何か忘れてきし思ひ   中村苑子


枯野なる心の内を旅すれば   司修


日と月の絶えずめぐれる枯野かな   林周平


蓄音機針は枯野におりてゆく  あざ蓉子


手鏡の中の枯野を見てをりぬ   穂坂日出子


満天の枯野の星のみなうごく  松本浮木


枯野明るし抽象の鳥生んで  秋尾敏








応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村







2018年も残りあと僅かとなりました。
今年も皆さんが訪問してくださり、また応援してくださったおかげでとても心の支えとなりました。

新たな年が皆さんにとって、世界にとって、良い年となりますように。






スポンサーサイト

コメント

No title

新しい年を迎える準備に忙しい日々を過ごしていらっしゃることと思います。
「二三人男追い越し師走かな」
師走の句ではこれが面白かったですね。特に「男」を追い越すという表現が秀逸です。
面白いと書きましたが、他にも「あるある」感の句があってにやりとしながら読みました。
「水平に運ぶケーキやクリスマス」「電話切る言葉探している師走」などです。

ネコヤナギさんの句に出会い、勝手にコメントさせてもらっていましたが、俳句初心者としてはとても勉強になりました。近くに伝統俳句の結社もあるのですが、方向が違うので迷っています。

来年もよろしくお願いします。

Re: No title

桃香さんこんばんわ。
コメントありがとうございます。

今年もまたあっという間でした。色々なことがありました。

「二三人男追い越し師走かな」
酔っている男性達をさっさと追い越して、家路を急ぐ。帰宅してからやるべきことをあれこれと順番づけながら。
主婦なら誰でも心当たりのあるシーンかもしれませんね。

年末はこんな「あるある」句が多くなるような気がします。
やっぱりあれこれとやることが多くて、生活者の目線モードを外す暇がないからかもしれません。


結社のことは、自分の行きたい方向性と、地域的な問題が両方絡んでくるので、むづかしいんですよね。
私も、そんなこんなで、迷っているうちに還暦に。(笑)

今年は桃香さんからコメントをいただいて、いつも楽しく、励みになりました。

こちらこそ、来年もどうぞ宜しくお願いします。・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こちらこそ世話になりました。
鍵コメさんもまた、ご自分の新しいページを開いていってください。
私も新しいページを開いていこうと思っています。

いいことばかりではありませんが、おんなじところにいるわけにもいきません。

良いお年をお迎えください。
キーボードを討って!(笑)

No title

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

上達は遅々としてますが、今年も俳句を続けようと思います。

鵯の来ぬ日は障子のみ白く
色鳥や日曜大工の餌台に
禽獣とゐて和みおり小春かな

どうしても鳥の句になってしまいます(笑)。

Re: No title

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

3句とも、素敵ですね。

「鵯の来ぬ日は障子のみ白く」

鵯が来ると、障子に影が映るのでしょうか。
とても印象的な句ですね。
形もびしっと決まっているし。
何か、色の鮮やかな鳥に変えても、一層障子の白さとコントラストが利いて
面白いかもしれませんね。

「色鳥や日曜大工の餌台に」

これも、手作りの餌代に色鳥が来ている、ほのぼの感が濃くて、いいと思います。

「禽獣とゐて和みおり小春かな」

禽獣と小春の取り合わせがいい感じですね。ただそこに「和む」だと、1足す1は2になってしまう感じなので、
「和む」にもうひと捻り、何かあるとよいかもしれません。

ナナイロインコさんは、本当に鳥が好きなんですね!
でも、犬や猫より、鳥の方が、俳句としては多用な表現が可能なような気がします。

ナナイロインコさんのブログへお邪魔すると、鳥というものの色彩の美しさに、
本当にびっくりしますね。



非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。