FC2ブログ

オリオン

オリオン

201811-d.jpg
本日の1曲/Larry Carlton - Fingerprints




オリオンや闇一枚を率いたり



オリオンや正論少し傾きぬ



オリオンや開けっ放しの風の門






二年前の今頃、大きな問題を抱えていた私は、ラリー・カールトンのこの曲(本日の1曲)をひどく気に入っていて、一日に何度も聞いていた。

問題がいかようにも進展せずに停滞したままなのが、せっかちな自分には一番応えるのだった。
少しでもどのようにでも、何か進展さえして問題に風穴があいてくれば、わずかながらにでも視界がきいて来れば、精神衛生は保たれるというものだ。

しかし窓の無い部屋にいるような状態で、とっかかりのない白い壁にいつまでも四方を囲まれていては、自分の根っこが腐乱してくる。

そんな日々、深夜生ゴミを出しに行く時通る崖ぞいの道の、大きく視界が開けて剥き出しになっている夜空に、いつもオリオン座が定位置を占めていた。

オリオン座だけでなく、そこから唐突に広がっていく夜空の
巨大な空間が、自分の鬱屈を瞬間的に洗ってくれるような気がしていた。

そしてその崖っぷちで、いつもオリオンと闇とセットになっていたのは、縦横無尽にのたうち回っている突風だった。
大蛇さながらに力強い突風は、小さな人間の都合などお構いなしだった。

これが一月や二月だったらたまらない。
しかし冬の最初の頁がめくられたばかりのような時期の風は、まだ身をまかせるのにそれほどの苦痛は無かった。

突風はオリオンの矩形の中を抜けてくるように思われた。

その度にオリオンは異様に煌めいた。

オリオンが煌めけば、風もまた新たに生まれてくる。

そして風が生まれれば、またオリオンが輝いた。

その光景には、ラリー.・カールトンのこの曲が、ひどく似合っていた。
突風のそのしぶとい厚みに、この曲の厚みが、ぴたりと合っていた。

オリオン座の硬質な煌めきと、真っ逆さまに落ちてゆくような夜空の闇の深さと、奔放な突風と、自分の中で勝手に自動再生されてくるこの曲が、

私の中では同じ一つもののように、がんじがらめに輝いていた。






応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村




201811-e.jpg




秋灯を消せば部屋も我も消え



短日の丁寧に歩いている石段



記憶の隅をまさぐっている夜霧



濃紅葉遠い悲鳴が消えてゆく



深秋の化石となっている言葉



枯木立交錯してゆく我と空



立冬や小さき船が滑り出す











俳句というのは、自律神経で作るような気がしている。

何故って、自分の思うようにできないからである。

なんだかんだ言っても、エッセイというものは、普通の体性神経を使って書けるものではないだろうか。
どんな状態であっても、書きだせばなんとか書いていくことができる。

ところが俳句はそうはいかない。
くしゃみをしろと言われてできる者はいない。(もっとも、くしゃみのふり、と言うなら話は別だけど)
ひゃっくりをしようと思ってできる者もいない。

俳句は詠もうと思って詠むには違いないけれど、どちらかといえば、くしゃみやひゃっくりの仲間だという気がする。

とにかく普通の文章を書く筋肉では、俳句は作れない。
それを賜るまで、待っていなくてはならないのだ。

だから、何て言うか、まずまず体調の整っている時でないと、俳句も青ざめているような気がする。
生きが悪いのだ。

エッセイはちょっと無理しても普通に書ける。

でも俳句は、無理すると落っこちて腐りかけている柿のようなものに、なってしまったりするのである。






応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

No title

ネコヤナギさんこんにちは。

「オリオンや闇一枚を率いたり」
オリオンの句ではこれが好きです。「闇一枚」の表現がいいですね。それを「率いている」オリオンの強烈な存在感。共感します。

「短日の丁寧に歩いている石段」
短日というと、あれもこれもという忙しいイメージですが、この句では、つかの間の陽射しを愛おしむかのように「丁寧に」過ごしている様子が感じられます。

俳句は難しいですね。わたしもいい言葉が降りてくる瞬間を待っているのですがなかなかです。

Re: No title

桃香さん、こんばんわ。

オリオン座というのは、見つけやすいので、何かと目につきますね。
おっしゃるように、凛とした存在感があって、いつも引き込まれます。

日も短くなってきましたね。
日本と言うのは、ホントに目まぐるしい環境の変化をクリアしていかなければならない生活なんだなと思います。

お金のかかる国だと思いますね。(笑)
衣類も生活用品も、あっという間に次の季節に即したものが必要になる。
逆に言うと物を売りやすい国で、また商業主義に乗せられやすい国でもあると思います。

その変化に富んだ生活が俳句や季語の生みの親でもあるんでしょうね。

こんにちは。

お久しぶりです。

「俳句というのは、自律神経で作るような気がしている。
何故って、自分の思うようにできないからである。」

俳句のみならず、すべてが思うようにできないでいますが、
考えたら動きが取れないので、ここ三年ほどは自分が笑えるような、
そんな句を詠みイラストを描けたらと思っています。

もともとが落語大好きですし、
それに俳諧のそもそもは諧謔、滑稽といった、
落語に通じる面もあったようです。

しかし上質な笑いというのも、
これでなかなか難しい。。。
相当に訓練しないと可笑しみが伝わらないし、
下手な川柳よりひどい十七文字になってしまいます。

結局、俳句ってなんだろう?
考えるのも億劫で、結局一夜漬けのように、
月一の写真俳句をでっち上げています^^;

ところで、ネコヤナギさんは弁天町周辺にお住まいかと想像しますが、
千葉公園の茶室「好日亭」はご存知ですか?
丁度今週あたり、その庭園を開放しているはずです。
広くない庭ですが、紅葉が見事です。
気晴らしにいかがですか^^

Re: こんにちは。

NANTEIさん、こんばんわ。

おっしゃる通り、上質な笑いというのは難しいものなのかもしれません。
笑いというものも、無限のグラデーションがありますね。

池田澄子なども、後からふと笑いが付いて来る俳句というか、好きです。

「さしあたり箱に戻しぬ新巻鮭」  「想像のつく夜桜を見に来たわ」  「定位置に夫と茶筒とお守宮かな」

「青嵐神社があったから拝む」  「おかあさんどいてと君子蘭通る」  「屠蘇散や夫は他人なので好き」

こうやって切り取られた日常が、そのまんま笑いを含んでいて、そもそも人間の生活などというものは、そんなものかもしれないなどと思ったり。

千葉公園に茶室なんてあったんですか?
紅葉がキレイ!それは行かなくては。
弁天ほど近くはないですが、時々行ってます。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR