FC2ブログ

薄紅葉

薄紅葉

201811-a.jpg

本日の1曲/フジ子・ヘミング~ため息(リスト)


薄紅葉人とのあはひ皆遠く



薄紅葉子の思考回路透けて見え



一瞬に日差しが戻る薄紅葉



吐く息のいまだ見えずに薄紅葉






植物と言うものは、見た目も性質も千差万別で、そこのところは人間も同じといえばそうなのだが、いざ育ててみればこれがなかなか一筋縄では行かない。

手をかけていても、どうもひ弱でついには枯れてしまうものもあれば、、放置していてもどんどん育つものもあるが、しかしそれだけに放任していたら他のものを牽制してしまうので、今度は積極的に刈り取らなければならないものもある。

枝垂れてくるもの、直立するもの、放射状に広がるもの、常緑のもの、秋に葉を落とすもの、花の咲くもの咲かぬもの。
緑と一口に言ったって、濃い緑、青みがかった緑、黄緑、灰色っぽい緑、とトーンは色々であるし、銅葉と呼ばれる赤紫や赤茶系統のものもあるし、これら様々な少しづつ違う色目のものが、一緒にあるからこその、景と言うものが生まれる。

同じような色味や形態の植物ばかりでは、変化がつかずに、面白みが出ない。
最も、わざと同じ種類を幾何学的に模様のように植栽する場合は別であるが、その場合も、背景と前景の植物は、対照的な色や形態にしないとメリハリが出ない。

長年植物とは関わっていたけれど、植えっぱなしという感じで、本腰を入れていたわけではない。
今も、多忙のため、丁寧なことは全くしていないけれども、以前より進歩しているとは思う。

今年は初めて「挿し木」というものを試みた。

その時期に生まれているからだろうか、紫陽花はとても好きな花である。
これを増やしたくて、マニュアルを見ながら、小さな植木鉢に葉を植え付けておいた。
三つ挿していたもののうち、一つはだめになったのだが、二つは無事に根付いたようである。

この小さな植木鉢を見るたびに、密かに微量の「ワクワク感」がうごめく。
この感じ、根底にあるほのかな「してやったり」感は、「ポケットの中にはビスケットがひとつ」、という、小さなころに耳タコになるくらい散々聞かされた歌の歌詞とシンクロしている。

「ポケットの中にはビスケットがひとつ、もひとつたたけばビスケットはふたつ」
「もひとつたたくとビスケットはみっつ、たたいてみるたびビスケットはふえる」
「そんな不思議なポケットがほしい、そんな不思議なポケットがほしい」♪

この歌詞のような、ささやかな「してやったり」感と、切ったヒトデがそこからまた再生してゆくような生命への驚きがミックスして、「挿し木」は私の趣味の戸棚の奥の方に確固たる位置を占めることとなった。

「オリヅルラン」などは、放射状に伸びた葉の合間から、ひょいひょいと子株を先端につけた茎がどんどん出てくるから、これを取ってどこかに植え付ければ、丈夫なので植えたそばからすくすくと育つ。
それで気が付くとあっちもこっちもオリヅルランだらけになって、どんどん放射状にみどりの噴水のような葉が増えてゆく様は、ちょっとしたかくし芸でも披露しているような嬉しさがある。

植えて一番役立っているのは、ハーブの「ローズマリー」で、以前にも書いた、ベネシア・スタンリー・スミスの書籍によりすっかりハーブに魅了された私は、手始めにローズマリー・バジル・ラベンダーなどを植え付けた。

ローズマリーは様々な料理を美味しくし、そのままちぎって香りを嗅ぐと、「なんだこれ」というほど癖のある、強い香りで、「いい香り」からはかけ離れているのに、多すぎないように気を付けて、他のハーブなどとも合わせると、料理のグレードが一気に上がるのには、本当に驚いた。

特に「秋刀魚の塩焼き」のような和風の料理も、劇的に美味しくしてくれるのは意外だった。
塩をした秋刀魚の胴体に包丁でちょいちょいと斜めの切込みを数か所いれて、ニンニクの薄切りを挟み込む。後は適当に、ちぎったローズマリーをうまく胴体の上に置いて、グリルで焼く。
裏返すときに、乗せたものは大体落ちてしまうけど、あまり気にせず。
こうして焼いた秋刀魚は生臭さが取れてめっぽう美味しく、醤油などかけてしまうとその風味が損なわれるので、何もかけない。

晴れた日に植物が陽の光に透けているのを見ていると、様々な問題に満ちた生活のうっとおしい瘡蓋のようなものが、ふっと取れるように思う時がある。
一時的かもしれないが、こういう時間こそが大切だ。
それは理論や理屈による解放ではない。
理屈抜きに、光へ向かって傍若無人に伸びてゆく緑というものの力が、伝染してくるのだ。

そして千差万別な植物のように、人もまた千差万別だ。

単純な者、繊細な者、力の強い者、頭の良い者、積極的な者、受動的な者、行動的な者、内向的な者。

ピンからキリまで様々な性質の者がひしめいていて、自分とよく似たような者は、これがなかなか、いそうでいない。少し似ている者には出会うのだけれど、やっぱり部分的な相似にとどまっている。

「頭の良い者」と一口に言ったって、皆「頭の良さ」を生かせる部分が違っている。
「数字」を使う時に頭の良さを発揮する者と、「言葉」を使う時に頭の良さを発揮する者は、結構正反対の性格だったりする。
また観念的な理論の組み立てや、芸術的な面では素晴らしい力を発揮することができても、実生活での現実的な采配は不得意、という者もいる。
誰でも、「好きなこと」、「やるのが億劫でないこと」をしている時には、普段気付かないような「気配り」や「計算」が本能的にできて、にわかに「優秀」になるのではないだろうか。

だから、人間が皆違っているということ、これは本当に素晴らしい事なのだと思う。
あるシーンで「優秀」なものが、あるシーンでまるで役に立たない、ということは良くあることだ。

人はきっと、誰でも誰かのために、何かができるように、出来ているのではないだろうか。

自然というものは、皆違っている。
そしてそれは、自然という物自体の、知恵なのかもしれない、と、そんな風にも思うのだ。







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村






201811-b.jpg


秋雨の丁寧に縫っている無言



白菊やひとの祈願が密集す



秋晴れの古い箪笥に住む祖先



潔癖な月に問いただされている



秋薔薇に巧妙に隠れている悔恨



秋の星奇数ばかりが集まりぬ
 



応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

薄紅葉

こんにちは。
立冬を過ぎたというのに暖かい日が続いていますね。こちらは、紅葉の見頃というにはまだ少し早く、薄紅葉という季語がぴったりきます。

薄紅葉という季語いいですね。
「薄紅葉人とのあはひ皆遠く」
人との間の取り方というのはむずかしいですね。「薄」という文字が一層その思いをかりたてます。

「薄紅葉子の思考回路透けて見え」
思春期のお子さんでしょうか。思わず笑ってしまいました。

今回の句はみな、本当にこんな風に詠めたらいいなと思われる句ばかりでした。勉強になります。

Re: 薄紅葉

桃香さん、こんにちわ。

本当に暖かいですね。「あたたかき十一月もすみにけり」草田男の句を思い出します。
いやいやまだすんでない、十一月中に済ませなければならないことが色々~!なんですが、早いものですね。
今年もあとひと月半程だなんて。

いつも過分なお言葉をいただきありがとうございます。

俳句を作る時、ポンポンとは決して出てこない方なんです。一句出るのに凄く時間がかかるんです。
穴を掘ってるような感じですね。延々と。地面に穴を掘っている、なんですが

いきなりその穴が青空や柿の木に到達する。

そこへ行くまでが、長いんです。いつも自分にはもう一句も作れないような、そんな気持ちで穴を掘っているんです。

非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR