FC2ブログ

秋アラモード

秋アラモード

201810-m.jpg
本日の1曲/Adriano del Sal, Guitarist



木犀香柔らかに溜まっている時間



木犀香最上階まで停止せず



秋夕焼け誰でも知ってる歌の節



難題をほぐす方法残る虫



黄落や眠る女の瞼開く









ここのところ、仕事が忙しかった。

クライアントのイメージと噛み合わず一からの直しになったり、自分の中でもイメージが固まらずに、作るもの作るもの、没にせざるを得ず、使わずに済む時間をどっさり使わなければならなかった。

イメージと言うのは、オリンピックの聖火台のようなもので、ランナーはひたすらそれ目指して、一歩一歩進まなくてはならない。
もしこのイメージが、不確かな心許ないものだったり、場所がはっきりしていなかったらどうにもならない。
ところが、そういうことも間々あるのであり、今一つどうしてもイメージが膨らまないということはあるのである。

資料不足や、使える色の限定、使えるデザインの限定、クライアントの注文、などとの間で、膨らんでいたイメージが次々使用不可能になり、どんどんイメージが狭く貧困になっていくと、こういうことがおこりやすい。

イメージというものは、不思議なものである。

「今、ここ」にはないものなのだ。
要するに、現在にとってはまだ「非現実」なのだ。

しかしその「非現実」が、漠然としたものからはっきりとしたものに、赤々と燃えてくると、全てのものが動き出す。

動き出すとは言っても、決してスムーズに行くものではない。
置いてみた石を、「イメージ」という光に向かって、「そこではない」「ここでもない」「押してもダメなら引いてみな」のくりかえしで、ひたすらに「コツコツ」とした膨大な「試行錯誤」のくり返し、それがデザインという仕事なのだと思う。

物の位置が一ミリ右か左かで、印象は全く変わる。
色のトーン、明るさ暗さ、鮮やかさ、鈍さ、これらのものも、ほんのわずかな差で、全体のバランスまでが変わって来る。

デザインの仕事をしていると、いつも浮かんでくる言葉は、「丸腰」と言う言葉だ。

いくらデザインの理論や色彩学を学んでいたとしても、いざ始めてみると、全ては遠い絵に描いた餅、のようになってしまう。
いやもちろん、基礎的な理論は知っていた方がいい。
しかしそれは、webコーディングのように、知っていれば即役立つような代物ではない。

全ては、現在という一枚の白紙の中で、どういう一歩を踏み出したか、それでは次はどういう一歩が展開できるのか、ということだけが頼りの世界で、こういった色の取り合わせがいいとか、黄金分割の構成がいいとか、そういうこととは違う次元で物事が運んでいくことになるのだ。

言ってみればマニュアルの無き世界が突如始まり、「こんなはずではなかった」「なんでこーなるの!」「おかしいなー」という、自分の感覚だけが頼りの、サバイバルのような世界に突入してしまうのだ。

マニュアル無き世界で、どう自分の感覚を信じてゆくか。
いつも「原点」戻ることを余儀なくされる、そういう仕事なのだと思う。

「人生」って言葉は好きでは無いけれど、これはどう考えても、「人生」そのものだという気がする。
自分なりに色々学んだり、準備したり、想像したり、若い時には随分と「絵に描いた餅」についてさらに念入りに考察したものだ。

しかしその後の事を思うと、いつもいつもその「絵に描いた餅」は役に立った試しがなかった。
世界は不条理のジャングルのようなもので、自分の家庭や身の回りでさえが、そうだった。

「絵に描いた餅」、「理想」「あるべきかたち」、こういうものはことごとく眼前から消えていった。

日々ただひたすらに、今起きていることから、できる最善の「次に展開する一歩」を積み重ねていっただけだった。
他にどうすることができただろうか。
「絵に
描いた餅」はただの「絵に描いた餅」なのである。

目前にあるのはただ、今現在と、そこから派生する、「次の一歩」それのみなのだ。

だが、「絵に
描いた餅」は消滅してしまったとしても、そうやって進んだ自分なりの一歩一歩の遥かな先方には、
きっと「聖火台」のようなものがあるのではないかと、思う時がある。

それはものの良し悪しや、何が立派かなんてこととは全く無関係な聖火台だ。
煌々と火が輝いてるとは限らない。
朧げな光かもしれない、弱々しく消える寸前のような時もあるかもしれない。

でもそこには、やっぱり何かがあるような気がする。


それはきっと、「自分自身」のようなものではないかと、私は思うのである。






応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村







201810-k.jpg


満月や人のからだの水動く



秋雨が過ぎた時間を撫でている



彫像の怒り確かに天高し



唐突な言葉投げ出している柘榴



ひとの影また生き生きと秋晴れぬ



少し身を離れて浮きぬ愁思かな







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

木犀香の二句は、自分でも詠んだことがあるので、あぁこんな感じ方、表し方もあるんだなと参考になりました。

取り合わせの句でぴったりだなと思った二句。

「唐突な言葉投げ出している石榴」
イライラしているときなど、訳もなく傷つけるような言葉を投げつけることがありますよね。それが石榴の割れて中身のぱっとこぼれる感じとよく合っていると感じました。

「満月や人のからだの水動く」
人間の体の60%は水でできているとか。「人のからだの水動く」でそんなことを思い出しました。宇宙の中の生物である人間。三日月でも星月夜でもない「満月」は魔力のようなものを感じさせ、何かが起こりそうな予感がします。

Re: No title

桃香さんこんばんわ。

コメントありがとうございます。

金木犀も、毎年同じ人間が、同じ時期に俳句を詠むわけですから、もう発想が出尽くすんですよね。
だからといって、突飛ならいいわけでもない、金木犀とならではの言葉の関係性が必要で、そこが難しいところですよね。

季語からもっと遠いところへ行きたいと思っても、遠いだけでは何の意味もないし。
遠くてしかも根っこが非常に近いような句が作りたいのですが、これはとてもおいそれとはいきません。

この頃、惹かれる俳人の句を読んでいて気が付いたことは、「何を、或いはどんな言葉を持ってくるか」ということには、結構限界がある。

でも素晴らしい句というものの中には、持ってくる言葉或いは物の中に、もう一つ階層みたいなところがあって、そこでもうひと捻りしている、ということなんです。

これまた一朝一夕にはまねできない。

私などはまだまだ俳句の作り方が、単純なのだと思います。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR