FC2ブログ

鱗雲

鱗雲

20189-9.jpg
本日の1曲/Bill Evans Trio - I Loves You, Porgy



鱗雲無形となってゆく体



忘却の大群流れ鱗雲



鱗雲行けるとこまで行ってみる






見上げると、空一面に光が攪拌されたような、細かな鱗雲が広がっている。

空と言うものが、こんなにも広々としたものだということを、普段はすっかりと忘れ去っている。

「鱗雲」あるいは「鰯雲」、どちらにするかはその時の句の気分や響きで、こっちでなければ、と言う時もあれば、どっちに変えてもそんなに大差は無いという時もある。

鱗雲を眺めていると、自分が一枚の皮膚だけになってしまったような気持ちになって来る。
何処までも伸びる透明な一枚のラップのような。

そして鱗雲がそれとなく囁いて来るのは、「忘却のすすめ」である。

最もこれは、鱗雲に鍵ったことではなく、「秋の海」なんかも、おんなじである。

だが「秋の海」は、もっと乱暴で、ぶっきらぼうで、「囁く」なんて優しさはあまり持ち合わせていない。

それは遠い祖先の背中のように、ソッポを向いていながら、愛想の無い無遠慮な波で、「忘却のすすめ」を投げつけてくる。

それに比べると、鱗雲は親切である。
あくまでも、見るものの身に沿うように、流れ、静かに形を変えながら、しばしの間、私たちを緩やかな放心の中に泳がせてくれる。
その「放心」は、子供の頃には嫌と言うほど味わっていたものなのだけれど。


「忘却」とは「考えないこと」あるいは「考え過ぎないこと」だ。

私達は一日中、思考のベルトコンベアの上に乗っかっているように、何かを考え、選択することの繰り返しで生きている。
無論考え無しで生きていたらば、仕事も健康も何もかも、維持していくことは不可能だ。

しかしこれは自動化されやすい。
リセットすることがむつかしくなってしまうことが頻繁にある。

そんな時、鱗雲は私の心を捕まえて、静かに放し飼いにしてくれる。

端から端まで、そこにあるのは「静かな今」だけで、それも緩やかに蠢いて、ひとつのところにいないのだ。







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村







20189-100.jpg




虫の声夜の輪郭を辿る



虫の声眠る地層の最上階



湯に髪が広がりゆきぬ虫の闇



コスモスや視線俄かに錯乱す



コスモスや青空少し遠すぎる



短調の唄の短き林檎かな



梨食へば夜の公園静まりぬ






林檎、梨、葡萄など秋の果物は大好きな私であるが、その美味に浸りながらも、ふと、秋の果実は、どこか寂しさのある味のような気がする時がある。

美味しいのに変わりはないのだが、たとえば音楽にも長調の旋律と短調の旋律があって、どちらが良いと言うことではなく、素晴らしい音楽は、どちらの調であったとしても素晴らしいように。

言うなれば、秋の果実の味覚には、、短調の素敵なメロディの持っているような、しんとした、幽かな寂しさのようなものが、どこかにあるような気がするのである。

それは秋の澄み切った大気の持っている、涼やかな透明感と同じ響きを持っている。

どこか寂しい、でも美しい。

「色無き風」という季語があるけれど、初めて知った時には、「なんじゃこれ?」と思ったものであるが、ある時、そうか、この秋の大気や風の、「透明感」のことを言いたかったのかも、そう思った。

そうした中で実る果実は、やはりその透明な淡い寂しさを、どこかに孕んでいるいるのかもしれない。






応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

ネコヤナギさん今晩は

俳句もさることながら、文章が実に詩的で心にしみてきます。

私は本は沢山読むのですが、文章を書くのは苦手で、なかなか上手く書けません。

今日のブログで

空室は心の余裕落花生

という句を載せたのですが

鷹羽さんの句に

胡桃割る胡桃の中に使わぬ部屋

と云うものがありますが。類推句にあたりますか。

Re: No title

ナナイロインコさん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。

「空室は心の余裕落花生」と

「胡桃割る胡桃の中に使わぬ部屋」が類推句にあたるか、ですか。

うーん、私的には大丈夫と思いますけど、「空室」と「使わぬ部屋」の違いがあり、落花生と胡桃の違いもあるし。
そのへんは「沖」の先生方の方が正しい判断を下せると思います。

ユーモラスな句ですね、「心の余裕」は落花生の心の余裕でもあり、インコさんの「なんだこれ?まあ、いいか」と言うような心の余裕のようにも取れますね。

しかし…これだけ俳句人口が増えると、類推句もまた増えるのは当然の成り行きですよね。
私なども、句の数が増えてくると、やっぱり自分の中でさえ、似たような表現の句が出来てしまうのです。
この年になると、それをついうっかり忘れて…。
去年のブログを読み返し、「あったー!!」なんてことが。

トホホ。

No title

早速ご回答いただきありがとうございます。

鷹羽狩行さんの句の解説を見るとつかわぬ部屋をかなりマイナスに捉えた鑑賞が載ってました。

由って私の句はセーフかなと思っていましたが、お聞きしてみました。

来月の句会に出してみようかと思います。

私は初めて間もないので、自分の型や傾向というのが全くなく、こんなの俳句じゃなくて川柳だと言われそうな句も詠んでます。それで、なかなかベテランの型ばかりの句会には出せずにおります。

夏井いつきさんのプレバトをユーチューブで何度も繰り返し観てますが、初心者の陥りやすい欠点の指摘が、実に的確に私にも当てはまってしまうので、笑ってしまいます。

お忙しい中、ご指導ありがとうございました。

Re: No title

「空室は心の余裕落花生」

この句なんですが、もう少しどこかいじると、インコさんの言いたいことが的確に伝わるような気がしたのですが、
昨夜は思い浮かびませんでした。

「空き室も心のゆとり落花生」はどうでしょう。

「心の余裕」より、ダイレクトに分かりやすく、「は」を「も」にすることによって、

「空室空室って言いますけどね、これだってね、心にゆとりがなくっちゃ、できないんですからねっ!」などという、
漫談めいた落花生の言い訳が聞こえてくるような、

句の輪郭がはっきりしてくるような気がするのですが。

No title

ネコヤナギさん、こんにちは。

この秋は雨が多く、空一面の鱗雲をまだ見ていないような気がします。

鱗雲行けるところまで行ってみる

どこまでも続いているような一面の鱗雲だと、わたしもそう感じてしまいそうです。そんなふわっとした思いを抱かせる雲ですよね。

虫の声夜の輪郭を辿る

虫の声の句は苦手なのですが、「夜の輪郭」を辿っているという表現にぴったりとくるものを感じました。

コスモスや視線俄かに錯乱す

一面のコスモス畑でしょうか。風が吹いてきてコスモスがざわっと揺れる様子が想像されます。

短調の歌の短き林檎かな

秋の果物が短調というのは、わたしにとっては新しい発見です。言われてみるとそうかもしれません。でも、林檎は前回の平均台の上の林檎のように若々しく溌溂としている感じもありますね。

Re: No title

桃香さん、こんにちわ。

コメントありがとうございます。

本当に、天気の悪い秋ですね。

私も、鱗雲を見たのは一度だけ、規模的には小規模のものでしたね。
記憶の中の、海のような鱗雲をイメージして書きました。

「月」の句も詠みたいのに、これぞというものには遭遇していません。
今年の名月は、9月24日だそうですが、晴れれば、ということです。
天気予報をみると、曇りですねえ。
23日の夜空の方が、いいかもしれません。

秋の果物が短調というのは、味覚ですね。

見た目はまた別のような気がしますね。(笑)
おっしゃる通り、林檎は青春の象徴のような感じがあります。

林檎と言うのは、デザインをしていてもとても重宝な果実です。
シンプルで決まりやすい色なので、色々合成写真にしても、ピタッといくんです。

たとえば、穴を開けて、女性シンガーのアップの写真を入れたり、
シュールな街景色に、突然登場させても、面白いし、決まります。

様々なイメージを吸収してくれる、シンボリックな果実ですね。

スティーブ・ジョブズ氏が会社にAppleと名付けたのは、中々センスが良いと思います。
ビートルズの所属する「アップルレコード」に訴えられるのではと、周囲は反対したそうですが、
それを押し切って決定し、事実裁判で争うことになったそうです。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR