FC2ブログ

虫の闇

虫の闇


20188r.jpg
本日の1曲/Stacey Kent - Quiet nights of quiet stars (Corcovado)


手鏡の中の真夜中虫の声



虫の闇過ぎて再び虫の闇



拡大鏡の文字膨らみぬ虫の声



虫の闇地にも星空ある如く








8月も半ばを過ぎると、夜道を帰宅する時、あちこちで虫の声を耳にするようになる。
猛暑になったり、涼しくなったり、台風になったり、残暑になったりしながらも、回り舞台の後ろに回っている方では、やはり色々な小道具や役者が確実にバトンタッチしているのだ。

虫の声というものが、私の中では、「闇」とセットになっている。
「闇」と言っても、それは夜なのだから、当たり前であるが、もっと言えば、「空間」のようなものを、あの声で感じるのである。

帰宅して、暗い玄関周りで、冷たい鍵をバックの中に探っている時、いきなり周りの植え込みから、「リリリリ・‥‥」という声がする。
すると、そこに今までは大して意識することのなかった、小さな空間、黒々とした艶やかな「闇」が、ありありと虫の声によって、目覚めてくるような、そんな気がするのだ。

虫の声が大きくなると、その漆黒の闇も、膨張する。

普段は「闇」なんてものは、意識になかなか上らない。上ったとして、非常に物質的な、ただの「暗がり」という感じで、研ぎ澄まされた虫の声によって、艶やかに切り開かれていくような、瑞々しい「闇」とは違う。

「虫」に纏わる季語には、「虫の声」「虫の音」「虫集く(むしすだく)」「虫の夜」「虫の闇」「虫の秋」「虫時雨」など、色々あるのだが、個人的に最も好きなのは、「虫の闇」だ。

だが虫の声も、ここ10年で、結構スケールが小さくなって来た。
圧倒的に、数が違うような気がする。
最も自然と言えば公園か人の家の庭くらいしかない住宅街だからかもしれず、郊外へ行けば、いやというほど「虫集く」が味わえるのかもしれないが。

10年ほど前の9月初旬頃、家人が出払って、一人で家にいた時のことだ。

折から涼しくなってきた気持ちの良い風に乗って、一体何匹の虫の声が重なっていたものだろう、右から、左へ、後ろから、前へ、沢山の虫の声の分厚い大合唱が、全ての窓を開け放っていた家中を、縦横無尽に通り抜けていた。

まだその頃は、向かいに空き地もあったし、近所には、夏になれば草深くなる場所も点在していた。

あまりの気持ち良さに、私は一人寝そべって、体内を虫の声が通過してゆくのに、ただただ身を任せていた。

それは琥珀色の深い輝きを持っている様な気がした。

そしてふと気がつくと、私の身体が、すっかり透き通ってしまったような錯覚に陥った。
自分というものが、ただの虫の声と風の音との、無形の通過点でしかなく、そのふたつの大きな流れの中に、すっかり透過してしまったような感じになったのだ。

私は、虫の声をたっぷりと含んだ風に、薄っぺらな凧のようになって、吹かれるに任せた。

あのような素晴らしい体験は、残念ながらあの後はあまり無く、思えば段々と虫の声の数が少なくなってきているのは、確かなようである。

虫の声は、暑さのあまり朦朧としていた意識を、ひと時覚醒させてくれる。
まるで汚れていた眼鏡を綺麗に拭いて、周りを見渡したような、そんな気持ちになるのである。

そして綺麗になった眼鏡で、本も読みたいし、普段は嫌いな片付け物もちょっとしたくなったり、あくまでも今の自分の座標のままで、私というものの、地層を少し掘り下げてみたい、そんな気分になるのである。

それから虫の声は、肉厚でしぶとい残暑の夜を、少しづつ、鎮静させてくれるような気がする。
湿気に膨らんで巨大な綿菓子のような夜の暑さを、鋭利で美しい音色で、静かに整えて、冷却してくれるような気がするのだ。

少しづつ、少しづつ。








応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村







20188x.jpg



朝顔やまだ何も映らぬこころ



秋扇開きて言葉仕舞いこみ



知らぬ人ばかりの夢に百合の花



一瞥し振り返らずや遠花火



立葵夜の向こうを見てをりぬ




応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村















スポンサーサイト

コメント

No title

8月の半ば、連れ合いが「鈴虫の声が聞こえる」と言っていたので、耳を澄ましましたが何も聞こえません。最近聞こえが悪くなったなぁと思っていましたが、虫の声が聞こえないのは残念です。蝉の声は聞こえるのですが・・・
ということで、俳句も虫の声は苦手です。最近周囲に空き地や草原がないのも理由の一つですが。
ネコヤナギさんのエッセイで「虫の闇」の魅力が少し分かったような気がします。
ネコヤナギさんのエッセイは、その着眼点や表現方法がとても詩的で、韻文と散文の違いはありますが、そのまま俳句になるのでは・・・という表現がいたるところにありますね。
たとえば<湿気に膨らんで巨大な綿菓子のような夜の暑さ>とか<虫の声をたっぷりと含んだ風に、薄ぺらな凧のようになって>とか。

今回の俳句では<朝顔やまだなにも映らぬこころ><立葵夜の向こうを見てをりぬ>の正反対のような2句が好きです。

Re: No title

こんばんわ。桃香さん。コメントありがとうございます。

「虫の声」というのはほんとに、周囲にどれだけ緑地があるかのバロメーターのようですね。
でも、暗い場所の方が、素晴らしい声に聞こえるもので、コンビニの隣の薄明るい空き地なんかで鳴いていると、
なんか却ってわびしいものがあったりして(笑)

私のエッセイは、行儀の悪い文章で、普通だったら、やりすぎと思われるような、乱暴な比喩をガンガン使ってしまうのですが。

装飾のつもりではなく、物の新しい見方とか、思いがけない分解の仕方とか、組み立て方によって、現実を掻きまわして、非現実と一体にしたいんだと、思います。

異質なものを、溶け合わせたい、多分そういう本能が、自分の中の下の方の地層にあるのではないかと思います。

だから完全にシュールな小説とかは途中で飽きてしまいますね。
現実と非現実がひとつの力学のようなものによって、繫ぎ合わされ、混ぜ混ぜになっている文章が好きですね。

でもやっぱり、形式が何であれ、きっと「詩」を書きたくて、それでやっているんだと思います。

こんばんは。

すっかりご無沙汰しております。

このところやる気のないこと夥しく、
腑抜けたひと月を送っておりました。

その間もご訪問いただき、
ありがとうございました。

そろそろ、
くだらない「南亭」に戻ろうと思っております。

お見限りなく、よろしくお願い致します^^;

Re: こんばんは。

NANTEIさん、こんばんわ。お久しぶりです!

何せこの暑さですからね。
それでいて急に気温が下がる時の開きは大きいし、階段を3段飛びに歩くような、暮らしにくさですよね!

私も体調崩しました。
忙しかったのと、暑かったのと、なんか限界でした。
ブログも7日に一回くらいでキープしてましたが、遂に8日おいてしまい。
でもやはり無理をしていると、ぜーったいしっぺ返しがくるのがよくわかったので、
も~仕方ないですよ。

気持ちに沿って、体調に沿って、やらないと。

句の数も、去年の春ごろを見たら、一回に6,7句だったりして、ああ、このくらいでもよかったのに、なんであんなに暴走してたのかなあ、と。(笑)

自分は、仕事もそうなんですが、なまじ好きなことだと、無理とか無理じゃないとかが、麻痺しちゃうんですね。
それでがーっとやるので、気が付かない意識の代わりに、体がブーイングしてくるんです。

最近「ズボラヨガ」という面白い本を買って、やってみているのですが、いかに自分が体を無視していたか、ひしひしと分かって来るような、そんな日々なんです。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR