FC2ブログ

風光る

風光る

20184i.jpg今日のBGM/Bonnie Raitt - Wounded heart


目つむればひとつ海あり風光る

俳句は「眼前」にあるものも詠むけれど、「ここには無い物」も詠むことができる。
上手くいけば、それは表現にひとつの奥行を与えてくれる。

子規の「いくたびも雪の深さを尋ねけり」
の中の雪は、病床にあって、その時起きられなかった子規にとっては、傍にありながらも、眼前に見ることのできない「雪」だ。

しかしそれだけになおのこと、この句の中の雪は、せつないまでに純粋に「白い」。

私は、平坦な言葉でできているこの句が、何故心の奥底に引っかかってくるのか、長い間不思議だった。
子規の眼前には無い、見ることの叶わなかった「雪」が、だからこそ魂の次元にあるような純白の「雪」として、読む人の胸を打つような、そんな気がするのである。





風光る郵便物に良き一通



風光る駅まで走る身の重さ

線路脇の道を歩いていると、後ろで踏切の警報が鳴りだす。
うわあ、大変、あの電車に乗らなくちゃ!駅のホームも見えてはいるが、これはひとしきり走らねばならない。
小走りに走り出すが、走ってみて驚く。
なんだこれは。
これは私の身体なのか。
全ての連結部分が分解寸前、という感じでやたらガチャガチャと揺れている。
なんだか自分で自分という神輿を担いで、練り歩いているみたいだ。
これはいかん。
前に走ったのは一体いつだったのか、その時はこんなじゃなかったのに。
筋肉量が大分減少しているのかもしれない。
そうだ、筋肉は沢山の内臓や骨やら何やらを、組み紐の如く、ぎゅうっと編み上げて、しっかりと荷造りしているのだから、こいつがすっかり緩み出しているにちがいない、これは大変。

足は上げてるつもりなのだが、その実ちっとも上がっていないのだろう。
筋肉の紐が緩んでいるからには、脳の命令だって、ピピっとはゆかないのだろう。

風は光っているけれど、これでどうする、あー、電車が駅に入って来た、でも私もどうにかこうにか、駅に入って行く!
間に合った!

でもこれじゃ今日から筋トレだ。
私は電車の中で扉に凭れ掛かりながら、息を切らして考える。

放っておいたら、色んな物の入った風呂敷包みのようになってしまうー!






風光る聞き耳をたてている木の葉



通り過ぎてゆくものばかり風光る

天気の良い4月の休日ともなれば、一歩家から出れば、家族連れの自転車やら子供たちの小さな集団やら、ベビーカーを押している母親や、うら若い幸福そうなカップルやら、そんな様々な人たちにすれ違う。または、追い越される。
木々はもう新緑の眩しい光を、思いっきり風に跳ね返している。

ベビーカーの母子とすれ違えば、自分もまた小さな息子のベビーカーを押していた頃を思い出す。
ちょっと外出するにも、あれこれと荷物をまとめて、大変だった。
おしめにミルクに、着替え一式。ベビーカーに、アレコレ玩具もぶら下げて。

その赤ん坊が今となっては、私にWebプログラミングなど教授しているのだから、なんだか笑ってしまうなあ。
息子に教わった、F12キーで出てくる開発者ツールとやらの何という便利なこと!
座布団の上におさまって昼寝していたちっちゃな息子が、今となっては私に何やら教えているというのだから、なんというか、感無量である。 とても嬉しい。

幸せそうな家族連れが通れば、ああ、自分もあんな時があったんだなあ、
幸せそうな恋人同士が通り過ぎれば、ああ、自分もあんな頃があったんだなあ。

快速電車のように過ぎた日々。

目まぐるしかった、忙しかった、色んな事があり過ぎた、信じがたいこともたくさん起きた。

これからは、一体どうなっていくのだろうか。

風が光っているばかり。





応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村






咲き過ぎて途方にくれている椿



春昼に暗中模索してひとり



菜の花や雲の標本作りたし



花は葉に夕べあちこち水の音



花は葉に誰にでもあるよな秘密



葉桜を離れていかぬ星ひとつ



草若葉みな一天に引かれをり

木々の「若葉」は夏の季語だが、「草若葉」あるいは「若草」は、春の季語だ。
公園の草たちも、青い青い天から、見えない糸で引っ張られているように、勢いよくピンと伸びている。

植物といえども、そこには確固とした意志のようなものを感じる。







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

No title

言葉の使い方は上手ですね。
ブラヴォーと言わせて下さい。

快速電車のように過ぎた日々、など出ません。

Re: No title

こんばんわ。
いつもありがとうございます。

お褒めに預かって嬉しいのですが、上手な言い方をしようとか、上手く書こうとか、本人はそういう次元で書いてはいないのです。

私のような、仕事も在宅で、主婦という生活では、これといって変わったことや面白い事などあまり日常起きません。
だから、何でもない、誰でもが体験するような些細な事や、思いを、捕虫網で捕まえて、虫眼鏡で見るんです。

そして「誰かが書いたような、どこかで聞いたような言葉」ではない、自分の言葉で書くんです。
いわゆる「上手な言葉」ではなく、自分にとってまず、「面白く」かつ「リアル」な言葉を探すんですね。

それは時には滅茶苦茶な比喩になったり、荒唐無稽な幻想の大判風呂敷を広げたりしますが、それでいいと思っています。
当たり前の「物の見方」を攪乱させて新しい発見をするのは、気分転換にもなりますから(笑)
装飾のために沢山の言葉を使うのではなく、以外なものの見方や切り口で、現実を並べ替えてみるのです。
でも自分の心に対してリアルな角度でなければならないですね。絵空事になってしまいますから。

また、私達は普段の生活で、自分というものの、30%くらいしか使っていないと思うのです。
日々行動する中で、その場その場で深く考えたり、無防備に全ての感受性をその都度使い果たしていたら、身が持ちません。
仕事ははかどらず、家事は終わらず、考え過ぎて、車に轢かれたり、ホームから転落したり、年中何かを間違えて、とにかく普通に生活できないと思います。
人に対しても、全ての人に自分の本音を言ったら大変なことになってしまいますし、この忙しいのに、「空があまりに青いんです!草の勢いを見てください!」なんて言ってたら、頭おかしいと言われてしまいます。

そういうわけで、30%くらいしか自分を使わずに生活していて、それはそれで妥当なのですが、やはり「使われずにくすぶっている自分」というものが、生活している背後にいつも溜まっているのではないでしょうか。

何か行動した時に、「ふと思ったこと」は、ぼんやりとしたまま、あっという間に、風に飛ばされて、どこかへ行ってしまいます。「ふと浮かんだイメージ」「本当は言いたかったこと」「もっとよく考えてみたかったこと」「もっと素直に感動したかったこと」、これらの全ての「未完の自分の影」のようなものは、背後霊のように、私達の意識の後ろに、ふわふわと浮遊しているのだと思います。

こういうもの捕まえること、そして自分だけの言葉で、書きたいように書くこと。
それによって、私は「自分というものの帳尻」を合わせているのだと、思います。

書くことによって、30%だった自分が、80パーセントや90%になっていくのです。

それは非常に気持ちのいいことなのです。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR