FC2ブログ

雪柳・春の闇

雪柳・春の闇

20183h.jpg
本日のBGM/Maurice Ravel / Piano Concerto in G major, II. Adagio assai


鏡の中にひかる鏡や雪柳



街灯の影は寡黙に雪柳



雪柳この頃髪の細くなり



雪柳小数点以下切り捨てず



雪柳はっきりと覚えている夢



雪柳眉描きながら思ふこと



オーケストラの音なみなみと春の闇



春の闇2番線ホームの末端に



春の闇我を家まで運びをり

春、日の落ちた後に出かけると、なんとも体中の力が抜けてくる。
夕闇は温い湯のように私の毛細血管を広げて、カメの甲羅さながらな分厚いコートを着てもまだ厳しかったあの寒の夜が嘘のようである。
見ている町の光景は変わっていないのに、気温が変わったというだけで、ここまで歩いている時の気分が変わるのだから、人間というのは現金なものだ。

1月31日のブログでは、「棒の如寒波の夜をひた歩く」と詠んでいて、まさに硬直した刃物が寒の厳しい塊に切り込むように身体を固くしなくては、歩けなかった。
あの寒波に、正面から風でも吹いていようものなら、「ワ~」とか「ヒ~」とか、微かに小声で悲鳴を上げながら、レジ袋を両手に必死で夜道を帰宅したものだ。

それが大気の緩んできた気持ちの良い春の夜ともなれば、その闇は、凭れ掛かってみても大丈夫なのではないかと疑うほどに、私の身心を弛緩させる。
歩いているのは自分なのだが、半分は春の闇が自動的に押して、運んで行ってくれているような心持なのだ。


「どこまでがわたしどこから春の闇  」山下知津子

まさにこんな感じである。


「春の夜のわれをよろこび歩きけり」 日野草城
こちらは「春の夜」なのだけれど、雰囲気はシンクロしている。

「時計屋の時計春の夜どれがほんと」  久保田万太郎
これも大好きな句で、どうしたって春の夜に纏わりついている、ふくよかな幻想性をそのまま掬い上げている。


「探し物している家じゅう春の闇」 高桑婦美子

「めつむりてひらきておなじ春の闇」 森澄雄

「うかうかと飲んでしまえり春の闇 」秋尾 敏

「吊皮の踊つてゐたる春の闇」
竹内悦子



しかしこれがまた暑くてたまらぬ真夏の夜などになると、それはそれで大変になるのだから、春宵一刻千金と言う言葉通り、今しばらくの尊い自然の贈り物と思って、遠慮なくいただいておくことにしよう。

もちろん人は金銭が無くてはどうにも立ち行かない。
でも本当に素晴らしいものは、大枚を積んでも手に入るとは限らない。

春宵しかり、春風しかり、若さや恋しかり、愛情もしかり。

本当に素晴らしいものは、人間の手には負えないものなのかもしれない。
それは流れる水のように、ひと時を満たして、どこかへ去ってしまう。
あるときにはあるのだけれど、ふと気が付くと、もう煙のように、それは立ち消えてしまっている。

それを捕まえて虫籠の中に閉じ込めておくことは、どうにもできない相談だなのだろう。




春星の下に無人の観覧車



約束は忘れていないサイネリア



ブランコを漕ぐともなしに放心す



春の波寄せては引いてあきらめて



タンポポや結構踏まれているけれど



春外套風の袋小路かな



忽然とわかる答えや春の月






応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

ユキヤナギが微風に揺らいでいるさまはとても美しいですね。赤ちゃんをあやすとき、ゆっくり揺らしますが、人間は穏やかな揺らぎにいやされるのでしょうか。

Re: No title

コメントありがとうございます。

そうですね!
そういえばそうです。
要するに、揺り籠なんですね。

赤ん坊の頃は揺らしてもらって自分が揺れてるわけですが、雪柳だの芽柳だの、萩だの芒だの、身辺でゆらゆらされると、何気に落ち着くのは、そういうわけかもしれませんね。
その手の揺れる植物は皆好きです。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR