FC2ブログ

冬の雲

冬の雲

201712g.jpg

今日の1曲/Blue Mitchell / When I Fall in Love




冬雲を映して過ぎぬバスの窓



冬雲の散りて金剛力士像



冬雲を追えば鳥影ひとつあり



昼月を残して流れ冬の雲



冬雲や帽子目深に被りゆく



冬の雲人付き合いは苦手なり

「冬の雲」とひと言で言ったって、ピンからキリまである。
どちらかと言うと、写真のような雲ではなく、もう少し暗めの、どんよりとしたものの方を、真っ先に想像するのではないだろうか。だが、空が殆ど見えないとくれば、それは「冬曇り」という季語の方が相応しいということになる。

また、写真のように、冬晴れの日の、縁が銀色に輝いているような明暗のコントラストの高い雲もまた、冬独特の風物詩だ。
空気中の水蒸気が少なく、乾燥しているところへ、オゾン層の破壊もあって、昨今の冬の日差しは、射るように鋭い。
冬晴れの日の雲たちは、晴れやかで、力強く、堂々としている。

今回の俳句の中では、「帽子」と「人付き合い」の句が、どんより冬雲のイメージで詠んでいて、他のものは、今日見た派手な冬の雲のイメージで詠んだ。でも「鳥影」の句は、どちらでもいけるイメージだ。

それにしても、「季語」というやつは、強引というか、アバウトというか、間口の広いものである。

どんよりとした冬の雲、晴れやかで豪奢な冬の雲、はんなりと薄い冬の雲、ぽっかりと呑気な冬の雲、あらゆる「冬の雲」を内包していて、その句その句によって、季語以外の部分を読んで想像するわけだ。

それを言ったら、「冬の空」「冬の夜」「冬の朝」「冬の雨」「冬の海」「冬の山」など、もう切りがないと言ってもいい。

しかしこの恐ろしい程の簡略化、この単純化が、それゆえにシンボリックな働きをするのではないだろうか。

似たようなことを前にも書いたのだが、対照性が分かりやすいので小説と比べると、小説の場合、読むものは自分の中の過去の体験の蓄積を参照しながらも、書き手の描いた世界のディティールの中へ、時間をかけて、じっくりと入り込んでゆく。
これがまた小説を読むことの醍醐味でもあろう。

しかし、「俳句」という世界で一番短い詩は、殆どの場合、それを読む者の過去の人生の中から、「ああ、これは分かる」「ああ、この感じ」「これは何処かで知っている」というような、「既視感」を呼び起こすのではないだろうか。

「季語」というもののシンボリックな働きによって、それが一種のフックのように、読む者の経験の方から、自分なりの、「冬の雲」や「冬の空」を記憶の中から吊り上げる。

それは、もしかしたらその句の詠み手の思い浮かべていた「冬の雲」とは、かなり違うものかもしれない。
だが、そこは俳句の懐の深さで、読み手の自由を許す広い空間を持っている。

小説の世界からすると、読み手の過去の経験を生かすパーセンテージが高いということだ。

ここが俳句の面白さだと思うのだ。

小説は書き手の構築した緻密な世界の方へ、読み手が大きく移動していかなくてはならない。
しかし「俳句」というものの、「季語」というものの、ミニマムでシンボリックな性質が、逆に読み手の人生の方へ大きく流れ込み、詠み手と読み手の経験が合流する。

こんなにも短い詩形が、そんな自由な大きな空間を、持っている、そのことが、時々不思議になるのである。






寄せ鍋やあれやこれやとあった年



花八手言わねばならぬことは言う



冬薔薇言ってはならぬことを言う



冷たくて甘き孤独を蜜柑かな



湯上りの湿疹痒し冬銀河



冬灯さっき見ていた夢の底



我が窓もまた寒燈のひとつかな







いよいよ今年もあとわずかな日を残すばかりとなりました。
5日ごとに更新していたのが、今は6日ごとになり、仕事が忙しいと7日になったり、色々なのですが、いつも見に来ていただいている皆様のおかげで、励みとなり、続けることができました。
来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。平和で明るい年でありますように。






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ










スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございます。

一向に上達しない俳句ですが、つづけていきたいと思っております。
今年もよろしくお願いします。

Re: 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年暮れは大変でいらっしゃったようですが、様々な命と共に生きてゆくなないろいんこさんならではの俳句を、詠んでいってください。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
60代突入・主婦時々グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・ガーデニング・音楽・デザイン。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR