落ち葉

落ち葉

201711g.jpg
今日の1曲/Yoshiko Kishino - Forest Rain


落ち葉踏むとき逃げてゆく月日かな



幾層に積もるこころや落ち葉踏む



街の人華やぎ始め落ち葉かな



伝わらぬ数多の言葉落ち葉かな



街路樹の落ち葉一丁目から二丁目へ

道路の真ん中に、藁半紙をクシャっと丸めたようなものがいくつか落ちていたので、何だろうと思ったら、プラタナスの落ち葉が丸まったものだった。

プラタナス? ここから見える場所にプラタナスなんか無い。

そうか、プラタナスの並木は、この町のトレードマークのような街路樹で、ここからはちょっと離れたところにあるのだけれど、11月末にしては生暖かい、今日の強風に吹かれてここまで旅をしてきたというわけか。

そういえば、少し前に、その道を通った時に、まだ葉がついているプラタナスを剪定していて、作業着を着た人が6.7人、大きな声を上げながら、高いところの枝を落としていた。
プラタナスの落ち葉は大きく、量も多いから、排水をふさいだり、道路のスリップを招いたりするらしく、早めに剪定してしまうらしいのだが、ぶつぶつと思い切り良く切られてしまったプラタナス達は、どうにも不格好である。
それでも残っていた僅かな葉が落ちたのだろう。

去年の正月に通り掛かった時は、夜でしかも正月だったので、人っ子一人いず、丸裸のプラタナスの斑の幹が、どことなく動物じみていて、シュールな、異界のような雰囲気だった。
その不思議なオブジュのようなプラタナスの木の枝の間合いに、細い爪のような月が赤銅色に光っていて、なんだかポール・デルヴォーの絵画の中に、紛れ込んだような気分になった。

それにしても
落ち葉と言うと、思うだに寂しいのが、この町から、銀杏落ち葉が姿を消してしまったことだ。

駅のすぐ前に、小学校があって、線路に面したその校庭の端に、見事な銀杏並木があったのだ。
そんなに本数は沢山なかったかもしれないが、秋ともなれば、素晴らしい黄金色の空間を、子供にも大人にも惜しみなく提供してくれた。俳句にも詠んだものだ。

電車に乗っていて、その前を通るとき、電車はしばし夢の中を通る銀河鉄道のような具合になるのだった。
夥しい金色の、光の中をスーッと移動する、あの小さな眩暈のような、感じ。

そんなささやかな喜びが、味気ない平板な日常に、どれだけ素晴らしい感嘆符を加えていたものか。

それでなくとも、都会とも田舎とも言えない無個性な平凡な住宅街で、自然と言えば人の家の庭や公園くらいの場所でしか親しめない、そんな生活の中で、どれだけ人の心に華やぎを与えていたものか。

だが小学校の建物はかなり古くなっていて、教室のみならず、体育館、校庭、すべてをしばらく前に丸々新しくした時に、なんとその小学校のシンボルと言っても良かった、銀杏並木を全部取り去ってしまったのだ!

誰がそんなことを思いついたものか、またそれをそれでよしとしたものか、新しいものを作ればいいってものではないだろう。
何故今、ここ、にあるものを生かして、新しいものを作っていかないのだ。

あれだけの大きな銀杏だ。一体あそこまで成長するのに、何年かかったことだろう。

そしてこの町の秋から、大きな金色の喜びが、消えてしまったのだ。

人間のやることは、ほんとに時々、愚の骨頂だ。




追いかける明日の背中冬夕焼け



往年の女優の如く冬晴れぬ



宇宙の広さ寒々と冬の星



短日やひとつ悲しみほっておく



冬の夜誰かが誰かの名前呼ぶ



毛糸編むいいことも悪いことも












応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

有り難う御座いました

ネコヤナギさんに講評頂きまして有り難う御座いました。ましてやお褒め頂き光栄です。

60半ばを過ぎてからの手習いですが、俳句は歳をとってからでもできるので、今後も趣味として続けて行きたいと思います。

毎月1回誘われた句会に出てまして、五句作ったものを持っていきます。一句は兼題がありまして、12月は「煤」です。難しくてどうにも手が出ません。

Re: 有り難う御座いました

奥様ではなくご本人の句だったんですね。

「煤」ですかー。

なるほど、難しいですね。
うーん、「煤」そのものを色々表現するより、身の回りや心の中の「煤のようなもの」に焦点をあててゆくと、作りやすくなるかもしれませんね。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR