晩秋

晩秋


201711a.jpg
今日の1曲/前橋汀子 J. S. Bach - BWV 1001 -2.Fuga Allegro  Sonata for Violin solo No. 1 in G minor



晩秋や人身の丈の無言持ち



晩秋を秒針の如歩みをり



晩秋の人形の影窓辺まで



晩秋の一つの部屋に鍵をかけ



晩秋や真夜の水音消えるまで



富士風に露わになりて暮の秋


いつもは見えないものでも、もとはと言えば確固たる真実が、そこにある。
そんなものが色々ある。

その一つに富士山があって、東京湾を挟んでいて、普段は光化学スモッグだの秋の雲だのに邪魔されてあんまり見えないのだが、今日のような突風が吹けば、「おおー、あったのね」「忘れてくれるな!」みたいな感じで、くっきり、はっきりと顕在してくる。

普段もやもやと自分の気持ちを抑えて暮らしていると、そういう澄み切った姿を見ると、あー、やっぱり自分は自分だな、せめて自分にだけは気持ちの嘘をつかずに生きなくては、などと思う。

光化学スモッグが蔓延しようと、秋の分厚い雲がトグロを巻こうと、自分の気持ちは万象の底の底に確固として沈下している。それをあだやおろそかにすると、きっと体が悲鳴をあげて、どこかしら具合が悪くなるのだ。

グレーのシルエットの富士山の色が、みるみる濃くなってゆく。
朱鷺色だったその周りの空も、だんだん濃くなって、柿色になってくる。

秋は深い。





半眼の仏背負いぬ秋夕焼け



地球のどこかが夕焼けてむず痒い



耳からだんだん柿の木に化ける



洗う手の水に緊まりて菊の花



恋すれば前頭葉も濃紅葉


何という色気のない俳句だろう。「前頭葉」だって。
たとえば「恋すれば耳の奥より濃紅葉」とか、「恋すれば指の先まで濃紅葉」なら、それらしいのにね。

だって、それじゃあ歌謡曲だろう。

30そこそこの独身の頃、一人で京都へ行った。
初めての一人旅で、いい年でもそうとう緊張していた。
3泊のうち半分以上雨で、たいして楽しめなくて、がっかりしていた。

やっと晴れて、金閣寺へ行った時、車から降りたら頭の上が紅葉、紅葉、また紅葉で塞がれて、空はその彼方に小さくつつましく、青かった。

あの感動、あの前頭葉が一斉に紅く染まってしまったような高揚、

あれはまさに、恋の問答無用な感じに、良く似ている。









応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村






またまた、転機がやってきました。
グラフィックデザインの仕事を在宅で細々とやってきましたが、やはりだんだん仕事が減ってきました。
これではまずい!
そこで来年もう還暦だというのに、老眼も半端ないのですが、ここで今一つ心機一転、Webデザインの勉強をすることにしました。
そちらの方は、かなり仕事はありそうです。でも年齢が年齢ですから、そうとうクオリティが高くなければ、相手にされないでしょう。だからなんとも先は見えないのですが。

まー昔、少しは齧りましたが、何せ10年前ですから、別世界と言ってもいいほどの違いがあり、暫くは時間を絞り出し、また学生さながらに必死に勉強することにしました。

「ブログやってる場合か」と息子に叱咤激励されましたが(笑)ブログをやめるのはいやなので、ボリュームを減らしてボチボチ行くつもりです。

よろしければまた、お付き合いください。いつも見に来てくださる方、ホントにありがとうございます。










スポンサーサイト

コメント

お仕事も俳句も頑張ってください

素晴らしい俳句楽しみにしております。

私はとうに還暦も過ぎましたが、丁度一年前から人に誘われて公民館で俳句を習い始めました。

今日の散歩道で口をあいた木通を観まして一句詠んでみました。

もしよろしければ、添削をお願いいたします。

木通笑み鵯喜ばす朝かな

Re: お仕事も俳句も頑張ってください

コメントありがとうございます。
句に共感していただけて、とても嬉しいです。
木通というのは、この辺ではあまり見ることはできませんが、ほんとにユーモラスな形ですよね。
果実や木の実と鳥たちは切っても切れない関係で、一枚の絵の様な、ほのぼのとした句だと思います。
何分自己流でやっておりまして、人様の句を添削するほどのものではございませんが。
しいて言えば、「喜ばす」が「喜ぶ」の方が、俳句としての形は滑らかかなとは思いますが。
「木通笑み鵯の喜ぶ明日かな」
鵯への愛情のある視線が読むものに伝わって来る句ですね。

Re: お仕事も俳句も頑張ってください

追伸です。
「木通笑み鵯の喜ぶ朝かな」が超定番で、1足す1は2という感じでつまらなかったら、
「木通笑み鵯も喜ぶ朝かな」でもいいかもしれません。

No title

有り難う御座いました
今日も句会に行ってまいりましたが、ベテランの方に交じって汗をかいてまいりました(笑)。

Re: No title

頑張ってくださいネ。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR