秋雨・秋アラモード6

秋雨

201710e.jpg


窓の灯の色みな違ふ秋の雨



秋雨に何故かこの道通りたく



信号の赤はさめざめ秋の雨



秋の雨これから先のこと決めず



彫像は何も見てゐず秋の雨

秋の雨と言っても、9月の雨と10月の雨ではやっぱり違う。
9月の雨は、涼しくなったとは言っても半袖や七分袖を着ているくらいだから、まだまだ生あったかい。
それでもビニ傘の上で、でんでんででん、とまるでドラムを叩いているかのようだった、夏の大粒の雨に比べると、やっぱり緩んで柔らかくなってくる。
そして10月ともなれば、いきなり三段論法のように寒くなったりして、静かに細やかに、物語を呟くような、押しも押されぬ「秋雨」になってくるのである。

寒さといっても、まだコートを着る程ではないから、ゆったりと歩けるし、俳句の題材にもできるし、あんまり家に籠っているのも勿体ない。

とは言え、近所のスーパーが閉店してしまい、隣町まで行かないと満足な食材は無いので、雨の街に買い物に出るのは大いに億劫で、ついつい冷凍庫の中のもので済ませて、あんまり出かけなかった。

秋雨前線の影響で、数日降り続いていた雨。この辺では雷雨のような激しい雨にはならなかった。

急にがくんと寒くなったので、お布団を出そうったって、まずは日に干せないではないか!
家族がダニアレルギーなので、さんざん布団に掃除機をかけて、何とか使ったが、今日やっと日が出たので、あれもこれも干したい、洗いたいで大わらわ。

さて秋雨の俳句で、大好きなものが、「コーヒー店永遠に在り秋の雨」、永田耕衣の句だ。
あるある、こんな感じの店。
現代ではスタバなどのチェーン店の影響ですっかり影を潜めているが、たまにあるのだ、「あれっ、この店、まだあるの?」という喫茶店。
そんな店の一つ、実家の近くの繁華街の四つ角に、随分前から営業している店がある。
なんたって、私が若い時からある店なのだ。
いや、そういえば、途中でしばらく閉めたままだったなあ。
もう止めたのかと思っていたら、そのままの内装で、また始めたのだったっけ。

数回しか入ってないし、特別に気に入ってるわけでもない。
それなのに今となっては流行遅れの、いかにも珈琲店と言った感じの民芸調のこげ茶の木の椅子やテーブル、油絵のかかった壁、なんかがやたら懐かしい。

外から覗いたら、シニアが多かった。
盛り場だけど多分、この辺に住んでるひと達なんじゃないかな。和気あいあいとした雰囲気があった。

少し前に通り掛かった時、買い物で疲れていて、一瞬入ろうかと思ったが、入れなかった。

この店に何回か入ったのは、20才前後の頃だ。

若かった自分。
何も知らなかったとも言えるし、今より大事なことを知ってたとも言えるし、恋をしていたかもしれないし、孤独だったかもしれないし、やりたいことは様々あったけれども、どれも上手く実らずに、中途半端な自分にいつもジレンマがあった。

あの店に入ると、そんな自分がいるような気がした。
中途半端で、自分が不満で、でも今よりずっと輝いていて、そんな自分が入っていく自分と会ってってしまうような気がして、怖かった。

彼女は言うだろう。
「何か見つかった?」

私は答えるだろう。
「わからない」

彼女は黙って席を立って、レジで代金を払うだろう。
私はそれから、一人その店に残って、珈琲を飲まなくてはならないのだ。

そんな幻想が一瞬私の脳裏を透過してゆく。
私はそれを払いのけるように、足早にその店の前を通り過ぎて行った。




 



応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村




今日の1曲

Diana Krall - Just The Way You Are


曲はビリー・ジョエルのもの。1977年のヒット曲で私は19歳。洋楽ファンでなくても、当時有線で盛んにかかっていたから、聞き覚えがあるのでは。まさにこんな曲を聴きながら、あの喫茶店で珈琲を飲んでいたのだろう。













秋アラモード6


201710f.jpg


木の実落つ忘れた頃に思い出す



コスモスの搔き乱している記憶



秋思かなエスカレーター登り切るまで



団栗の理屈屁理屈降って来る



秋天やアドバルーンがあった頃



林檎の中の階段上り切ると青空



あの月をどこか収納せねば眠れず



レモン齧ればシャンデリアになる一瞬



スプーンに小さき秋晴れひとつづつ



残る虫通り過ぎてよりひとり



秋冷る我の名を問われし如く







応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメント

初めまして

素敵な俳句と写真に誘われて
コメント残します。
秋の色に染まる窓の灯はそれぞれに
違う趣きがありますね。
応援ポチ!

Re: 初めまして

す、すみませんー!!
ちょうど忙しくてやっとのことでアップしたりしてまして、気が付くのが遅くなってー!
ありがとうございます。
一軒家のそれぞれ違う色の窓の灯も、いいものですが、高層マンションなどの沢山の窓が、少しづつ微妙に違う色だと、とっても綺麗なんですよね。
応援ありがとうございます。励みになります。
コメントいただくことがわりと少ないので、とっても嬉しいです。
非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR