俳句との馴れ初め

ひとり気ままに30年くらい俳句を書いてきました。
若い時分は現代詩のようなものを書いていたのですが、俳句の独自のスタイルに魅かれて方向転換。
周りからはつまらぬ伝統回帰をしたという風に取られたりしましたが、私は堅苦しいことは抜きにして、俳句を「一行詩」と捉えています。

世界で最も短い形式を持つこの詩形が、何かを表現する時、細いホースから噴き出す水が鮮烈なように、非常にビビットにイメージが顕在してきます。
もちろん最短詩形といっても、単一なイメージではなく、時と空間を超えて重複したイメージの重なりを自在に包み込むこともできます。

また、私はこの短詩形に、何か強いノスタルジーのようなものも感じるのですが、そのノスタルジーは二つの性質の違う面を持っています。
ひとつは「季語」というタイムトンネルによって、過去が掘り起こされて現在に重なる、普通のノスタルジー。
もう一つは、短詩形のもつ鮮烈なイメージが、子供の頃や思春期の頃に体験している、生の強烈さと、何か関係しているように思えてならないのです。
「今、ここ、にしか生きていなかった実存としての自分」、そういうイノセントな状態へのノスタルジー。
原始的といってもいいような、「今、ここに、生きる」という無垢な状態への憧憬。
それは最短詩形というスタイルが自ずから持っている「取り合えずひとまとまりのイメージしか表現できない」という性質に、何か繋がってゆくものがある、私はそう感じたのです。

また、若い頃、絵を描いたり、詩を書いたり、様々に自分探しをしていたのですが、何かそういった「芸術作品」を完成させてしまうと、広義の意味での「生活」と「芸術作品」が、きれいさっぱり分かれて、きれいさっぱり分かれてしまうことが、つまらない、そんな気持ちをいつも抱えていました。
もっともこれは、「絵画」や「現代詩」がつまらないわけではなく、たまたま私がその年頃に、私なりの方法で、私なりの小さな哲学のようなものを持って、そういう風に芸術に関わっていた、というだけの話ですが。



11b.jpg




「生活」の入り口から入って、「芸術」の出口から出る、また「芸術」の入り口から入って、「生活」の出口から出る。
俳句はミニマムな空間のなかで、生活と芸術が自由に混ざりあい、いかようにも伸び縮みする、私にはそんな風に思えました。メビウスの帯のように。

何故こんなに小さな世界がどこまでも大きなものも内包でき、鮮烈かつ柔軟なのでしょう。
俳句は私にとって、今でも不思議で貴重な、小さな生き物です。

また、現代の物質的な日常生活の中で、「私」という「ものを感じるエネルギーの総体」である塊のようなものは、ともすれば背後へ背後へと押しやられて、痩せ細ってしまいます。

そういったエネルギーの塊としての自らと、万象とが一体となっている、人間として自然で健康的な状況を回復させたい。
そんな気持ちで、少々の俳句を作り、自分の生活で出会った物・事をありのままな感性で雑文にしてみようと思っています。



11f.jpg

ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR