7,8月 水平線(2009)

隣人の手鏡眩し夏に入る



夏蝶の炎天に触れず過ぎ行きぬ



夏蝶過ぎぬどの花にも留まらず



蝉の声緑累々と重なりぬ



疲れゐし四肢から遠く夏の月





200978b.jpg




凌霄花許せばたちまち午睡くる



祭り太鼓遠く眠りの崖踏み外す



高校見学子に追い付けぬ油照り



百日紅空泳ぐ知りたくないこと



風鈴連打して目覚めれば矩形の空



夕立ちて踊りの唄の途切れをり

すぐ近くの公園で盆踊りをやっていたのだが、いきなり雨が降り出した。かなり強い雨脚だった。
降り出してすぐ、雨と同じように唐突に、大音量の盆踊りの音楽もいきなり途切れた。
ふたつの唐突が重なって、不思議な空間ができていた。たくさんの人が、一挙に呆然としている姿が目に浮かんだ。


200978c.jpg

ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


蝉の声何層にも頂取り囲み



脈略無き夢に浸かりて夏の月



夕顔や泣けば不気味に顔大きく



鉄橋の音に目覚めて夏の川



風鈴連打して目覚めれば矩形の空



立札にサンダル干して夏の海





200978d.jpg



エブリシング・バット・ザ・ガール(Everything But The Girl)Language of Life より  「 Driving 」
イギリスのトレーシー・ソーンとベン・ワットによる2人組のユニット。初期の頃のこういうアコースティックなサウンドの頃が一番好きだ。



炎昼が夏の波頭に垂直に



向日葵から海への道の遠近法



思春期の子の目の高さに水平線



わが問いも波の高さに胸の中



立ち上がる波の重たき晩夏かな



波引けば夕空映る濡れた砂



夕焼けを曳いてくる船夏の果て





200978h.jpg





街に帰す潮風髪に残しまま



夏月の表面張力街の上



向日葵が分解していく晩夏のひかり



夏の星記号となりて子等の夢



空蝉の中の虚空も晩夏かな



金管の音色蔭れば晩夏なり



新涼や夕べの月のまだ白き




200978j.jpg




ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR