2~4月 花満ちる(2009)

梅ひかり集めて人気無き家に



沈丁香浮遊し在ることの不思議



落ち椿春半睡の眼かな



しだれ桜闇人肌の如くなり



見上げれば全方位より花散るも





20144b.jpg





まなうらに桜棲みつくひと夜かな


多忙に紛れて、俳句のことを忘れ去っている時が何度もあった。
忘れるというより、もう気持ちとしてはほとんど止めたようなつもりでいたと思う。

しかし、それをまた再び復活させてしまうのは、いつも「桜」だった。
自宅近くに小規模だが桜の見ごたえのある場所がいくつかあるので、春ともなれば、そこを素通りするわけにはいかない。

満開の桜にしばし漬かるようにして帰ってくると、もうそれは私の眼に棲みついてしまう。
すると当然の帰結のように、俳句が生まれる。
そしてまた、私は俳句との縒りを戻すのである。



夕桜帰路急ぐのは主婦ばかり



夜桜の枝の高みに声消える



ゆふぐれて菜花の向こうまた菜花



春の日や知らぬふりして子に触れて





20094a.jpg



ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。 また、当ブログ内に埋め込んでいた音楽配信動画のうち、違法にアップされたものは削除いたしましたが、公認されているものも色々ありましたので、再度少しづつ載せていきたいと思います。ジャズ・ロック・クラッシック、ジャンルは問いませんが、心に沁みるアコースティックなものをコラボ。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR