星月夜(1996~1998)

子は眠り玩具散らばる星月夜



野の馬の瞳は柔らかに鱗雲(動物公園)



サルビアや観覧車降り地踏みしめる


やっぱり駄目なのだ、観覧車というやつが。
高所恐怖症なんだから、乗らなければ良かったんだけど、乗ってしまった。
結果が予想されるので、すごく大きなものにはそれまで乗ったことがなかったんだけど、子供もいるし、チャレンジしないと何か後ろめたいような、つまらないような。
しかし、それが甘かった。
主人も私ほど過敏ではないが、やはりあまり高いところは気持ちのいいものではないらしい。
子供はといえば、まだ2歳なので、あまり状況はわかっていないようだ。
後悔先に立たず!
いよいよ高くなってくる観覧車の中で、いよいよひきつってくる両親の顔を尻目に、狭いところに閉じ込められたのが気にいらなかったのか、なんと息子は観覧車の狭いベンチの上で、ドンドンと足を踏み鳴らして、暴れ始めたではないか!
観覧車は振動でグラグラと木の葉のように揺れる・・・。
主人は「うわー、やめろー、やめろー」とか言いつつ息子を必死で抱きとめてなだめるのだが、なぜか普段大人しい息子がなかなか機嫌が直らない。
やっとのことで、観覧車から降りられた時には、子供だけが元気いっぱいで、大人達は真っ青な顔をしていたに違いない。
足の下に踏みしめた土の感触が、この時ほどありがたかったことは無い。


蓮の花覗けば呑まる我も子も



検診の母皆若しカンナ咲く





1997d.jpg




やはらかに藍の闇降り無花果喰ふ



梨喰ふや人声に耳澄ませをり



さくら咲く空の下ちさき子の歩幅



シャボン玉円し子の夢ひっきりなし



花の下虫の如くに人集まる



万緑に立てば小さき子の帽子





1997a.jpg




水仙束ねられ皆歌いをり



子の問いの切りなき家路冬木立ち



ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR