百合・七夕

百合


20177h.jpg


山百合や目に一粒の雨入り



百合の前静かに呼吸整える



百合咲いてその大きさに驚きぬ



百合咲けば一本の川流れ始める



百合の奥廊下続いて扉あり


百合の花といっても、色々ある。
花言葉も、調べたら、百合の種類によって、それぞれ違ったものがある。そりゃそうだ、こんなにイメージが違うんだから、そうでなきゃ不自然。

上の写真は山百合
花弁に斑があって、黄色い筋もある。
花言葉は、「荘厳」

山百合の日に透き月に透ける宮  飯島晴子 
山百合にねむれる馬や靄の中  飯田蛇笏
山百合のいつせいに咲く坂の町  庄中健吉 



花弁が真っ白なものは、鉄砲百合カサブランカ。普通に「百合」と言ったり、「白百合」といえば、この辺だと思う。
鉄砲百合は西洋の妖精のラッパのように、花が細長い。
花言葉は、「純潔」「甘美」「威厳」

20177l.jpg


カサブランカは純白でも、大輪で豪華。ピンクもある。鉄砲百合と間違えやすいが、開花して時間が経つと、鉄砲百合よりも、花弁が外側に大きく反って、広がるのが特徴。
花言葉は、「威厳」「純潔」「高貴」

20177n.jpg

鉄砲百合と花言葉のイメージはダブっている。
これらの俳句は、百合の種類は不明だが、「鉄砲百合」か「カサブランカ」の純白の、どちらかであってほしいと私が勝手に考えた、「いい!と思う百合の句」

巨き百合なり冷房の中心に  西東三鬼
百合開く絵皿の中にある異国  有馬朗人
百合匂ふ暗き方へと向き睡る  岡本眸
ハンカチの汚るるやうに百合了る 真保喜代子
思考又途切れて百合の香の中に 稲畑汀子
百合咲いて星の運行確かなり 林昭太郎


鬼百合というのは、山百合のように斑があるが、燃え立つように鮮やかなオレンジ色の、百合。ピンクのものもある。
ああいうのに、人気の無い山の中でいきなり出っくわしたら、さぞかしどきっとするであろう。
鬼百合というのは、なるほどというネーミング。英名はタイガー・リリー。勇ましいわけだ。
花言葉は、「賢者」「富と誇り」 ふーん、確かにフツーではないから。花弁がそっくり返っているせいか、プライド高そうな感じもする。
それから、「華麗」「愉快」「陽気」というものも。白百合とは随分とかけ離れたイメージ。

20177k

谷住みの鬼百合の朱のあざやかに 細見綾子 
マリアカラスを聴く瓶の鬼百合と  片山タケ子
鬼百合のこれみよがしの蕊の反り  鷹羽狩行





笹百合というのは、本州の中部地方より西に分布している、淡いピンクの可憐な百合で、山地などに多く生息する。葉が笹の葉に似ているから、笹百合なのだとか。べたっとしたピンクではなく、ほんのりと淡いピンクで、美しい。
花言葉は、「清浄」「上品」これはもう、そのもの。

笹百合の一輪を得て宮を去る 塩川雄三
笹百合を手に舞ふ乙女神の森  中野京子

20177j.jpg



また、俳句で時々「姥百合」というのも出てくるんだけれど、一体どんなものかと思っていら、関東以西の山地や森林に多くみられる、ユリの仲間(ユリ属)とは分けて「ウバユリ属」に分類される花だった。
なんというか、百合が、ぱっと開き切らずに少し萎れたような、そんな雰囲気の花で、女としては、何となく、失礼しちゃうわって感じ。
花言葉は、「威厳」「無垢」そう、威厳はないわけではない、でも飾らぬ感じだから「無垢」なのね。
(姥百合の写真は手に入りませんでした。)

姥百合や背筋きりりとただす友 梅田秀子
応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


20177i.jpg


七夕の髪解く風のはやさかな



光年と我の一年星祭



七夕や叶わぬ夢は見なくなり



七夕や素足で月日跨ぎをり



七夕や人と人との間に銀河


七夕伝説というのは、色々タイプがあるらしいが、もっとも一般的なのは、天帝(天の神)の自慢の娘の、機織りの素晴らしく上手な「織姫」と、その結婚相手の勤勉な牛飼いの「彦星」が、いざ結婚したら、仲が良すぎて、きちんと働かなくなってしまった、という話のようだ。
ふたりともそれは熱心に自分の仕事に熱中していたのに、結婚したら二人で遊んでばかりいて、それを苦々しく思った天帝が、さんざん忠告したが、聞き入れなかった。
そこで怒った天帝は、天の川を作って二人を会えないように隔ててしまった。
ところがあまりにも織姫の嘆きが激しかったため、可哀想になった天帝が、1年に1度、7月7日に二人が会えるようにしてやった、というものだ。

そして7月7日というのは、琴座のなかの「織姫」(ベガ)という星と、鷲座の中の「彦星」(アルタイル)が一年を通して、最も光り輝く日、ということらしい。
 
しかしややこしいのは、「七夕」は「秋」の季語なのである。

何故秋かというと、昔の暦、太陰暦の7月7日は、今の暦、太陰暦の8月なので、(日にちはその年によって違う)太陽暦が日本で使われるようになる前は、「七夕祭り」は、今でいえば8月の行事だったからだという。
「太陽暦」というのは、太陽の運行を基盤に作られているが、「太陰暦」というのは、月の満ち欠けを基準に作られている。
この辺は細かい話は複雑になってくるので省くが、そもそもお盆の前の準備や、美しい機を織って神様への捧げものにしたり、税として納めたりする風習とこの伝説がドッキングして、こういう「七夕祭り」というものに発展していったらしい。

その太陰暦の7月7日を、太陽暦の7月7日にそのまんま置き換えたために、まだ梅雨空だったりして素晴らしく美しいベガとアルタイルを見ることが、難しい、なんてことが起こるのだという。

「正月」もしかり。
「新春」とか、「初春のお慶びを申し上げます」なんて、厳寒の最中に何故年賀状に書くのか、昔から不思議だったが、太陰暦の正月は、2月初旬だったのだから、暖かい地域では梅もチラホラ咲いているというもの。

「五月雨」もしかり。
5月に降る雨かと思いきや、太陰暦の5月とは現在の太陽暦の6月なので、すなわち「梅雨の雨」のこと。
あーややこしい。

だから、様々な日本の行事や文化が、太陰暦を基準に行われてきたので、太陽暦をそのまま持ってきて、色々な混乱が起きた、ということなのだ。

そうかー、そんな事情を知りもせず、幼稚園の頃からさんざん短冊にお願いを書いて、笹に結わえて、「たーなばーた、さーらさら」、と7月7日に歌ってきたのか。なんていうか、日本人って素直だなあ。
だって、それはそれで7月のイベントとして、心に染み付いちゃってるもの。
今さら8月に「さーさのは、さーらさら」ってわけにもねえ。
でも、夜空を見上げてベガとアルタイルの、星のウォッチングをするには、その頃を意識していてもいいかも。

それにしてもこの伝説を聞くと、思うんだけど、これって、「新婚さん」の話でしょ。

この二人、ほおっておいたって、2,3年すればもう、ひとりでに「銀河」がどこからともなく現れて来るってもんでは、ないだろうか。
そしてしっかり2人とも、また自分の仕事に熱中して、キャリア・アップを図っていくってもんでは、ないだろうか。

そのうち喧嘩も多くなり、心配した天帝が、1年に1度だけは、「もっと、仲良くしろー!」なんて、無理やり二人をデートさせる、なんてほうが、現実的だなあ。

否、真実はもしかして、天帝が、新婚の二人があまりにもラブラブなので大いに嫉妬して、銀河を作ってしまったのでは?
父親って、そういうの、ありがちなんじゃないか。

どちらにしても、この年になってみれば、人と人との間には、必ず銀河のようなものがある、と思う。
それは男女の仲にかかわらず、どんな関係であっても、同じことだと思う。

長らく一緒にいても、あるいは肉親であっても、近い仲なら近いほど、深い銀河かもしれない。
ある時は無くなってしまったように見えていても、これはおいそれと消えるものではない。

きっと銀河は無くならない。
だから、必要とあらば、橋を架けるしか、ない。 そう思う。







ランキング始めました。

応援お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

7,8月 水平線(2009)

隣人の手鏡眩し夏に入る



夏蝶の炎天に触れず過ぎ行きぬ



夏蝶過ぎぬどの花にも留まらず



蝉の声緑累々と重なりぬ



疲れゐし四肢から遠く夏の月





200978b.jpg




凌霄花許せばたちまち午睡くる



祭り太鼓遠く眠りの崖踏み外す



高校見学子に追い付けぬ油照り



百日紅空泳ぐ知りたくないこと



風鈴連打して目覚めれば矩形の空



夕立ちて踊りの唄の途切れをり

すぐ近くの公園で盆踊りをやっていたのだが、いきなり雨が降り出した。かなり強い雨脚だった。
降り出してすぐ、雨と同じように唐突に、大音量の盆踊りの音楽もいきなり途切れた。
ふたつの唐突が重なって、不思議な空間ができていた。たくさんの人が、一挙に呆然としている姿が目に浮かんだ。


200978c.jpg

ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


蝉の声何層にも頂取り囲み



脈略無き夢に浸かりて夏の月



夕顔や泣けば不気味に顔大きく



鉄橋の音に目覚めて夏の川



風鈴連打して目覚めれば矩形の空



立札にサンダル干して夏の海





200978d.jpg



エブリシング・バット・ザ・ガール(Everything But The Girl)Language of Life より  「 Driving 」
イギリスのトレーシー・ソーンとベン・ワットによる2人組のユニット。初期の頃のこういうアコースティックなサウンドの頃が一番好きだ。



炎昼が夏の波頭に垂直に



向日葵から海への道の遠近法



思春期の子の目の高さに水平線



わが問いも波の高さに胸の中



立ち上がる波の重たき晩夏かな



波引けば夕空映る濡れた砂



夕焼けを曳いてくる船夏の果て





200978h.jpg





街に帰す潮風髪に残しまま



夏月の表面張力街の上



向日葵が分解していく晩夏のひかり



夏の星記号となりて子等の夢



空蝉の中の虚空も晩夏かな



金管の音色蔭れば晩夏なり



新涼や夕べの月のまだ白き




200978j.jpg




ランキング始めました。
応援お願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

お知らせ

いつもご訪問頂きありがとうございます。 「俳句とエッセイ時々音楽」のブログ名を、「A Cup of俳句」に改名させていただきます。宜しくお願いいたします。

プロフィール

ネコヤナギ

Author:ネコヤナギ
俳句は一行詩。コンパクトな宇宙です。それと日々出会う物・事を気ままに綴り、ジャンルにこだわらない音楽のことも少し。俳句は1994年から書き溜めていたものを2017年1月から遡ってまとめました。
50代後半、双子座・A型・主婦兼グラフィックデザイナー。在宅ワーカーです。
趣味は俳句・デザイン・音楽・手織り。最近ホロスコープの奈落に足を突っ込んでいます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR